パスワードを忘れた? アカウント作成
10455275 story
著作権

「爆風スランプ」のファンキー末吉氏とJASRACとの訴訟、裁判が始まる 32

ストーリー by hylom
既得権者が有利な仕組みか否か 部門より
usagito 曰く、

バンド「爆風スランプ」のドラマー・作曲家として、また中国・北朝鮮での「ロック伝道」活動でも知られるファンキー末吉氏が、著作権使用料不払いとしてJASRACに訴えられ(JASRACのリリース)、裁判が始まった(ファンキー末吉ブログ)。

ファンキー末吉氏が、自身が経営するライブハウスでの楽曲演奏に伴う著作権使用料の分配方法に疑問を抱き、JASRACに明細の提示を求めたこと。著作権使用料を払わないつもりはなく、法務省に供託金として預け続けているという。JASRACの申し立てで2012年2月に調停が始まったものの、そのなかでJASRACは主張を変更。調停不成立として、2013年10月に訴訟を起こした。

裁判に至る経緯は、本人公認のサイト「ファンキー末吉支援者の会」にも詳しい。この裁判を通じて、わが国の音楽著作権管理事業をほぼ独占しているJASRACの業務実態を垣間見ることができるかもしれない。

JASRACはライブハウスなどに対し演奏した曲数ではなく、年間一定額での包括許諾という形で契約を行っている。JASRACのWebサイトによると、JASRACに支払われた著作権料はサンプリング調査もしくは曲目報告によってその著作権者に分配されるとのことだが、分配に関する計算方法が不明瞭であるというのがファンキー末吉氏の主張だ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2013年12月31日 17時58分 (#2520693)

    ファンキー末吉氏の記した文章しかみてないので、多少差し引いたとしても、あまりにもJASRACが何を考えているかわからない。
    主張する内容も二転三転、JASRAC側から「問題ない」と宣言したことも、次のやり取りではなかったことになってたり。

    これ、JASRACは裁判で勝てるつもりなんですかね?
    負けてもいいから相手に裁判費用で損害を与えることを目的としてる報復的な訴訟にしか見えないのですが。

    • Re: (スコア:0, 荒らし)

      by Anonymous Coward

      ファンキー末吉氏の文章、例えば印税の件は、権利者には明細書が送られてきますし、デジタル配信の類いについては1つ1つまで詳細にオンラインでデータ紹介ができるようになっているので、どの項目が減っているか、なぜ減ったかは本人には一目瞭然なはずなんですが、そこを黙って煽ってるとか、いろいろとおかしなところが有ります。
      「多少」どころでは無くかなり印象が操作されてる感じがします。

      素人目にJASRACが負けそうに見えるのは何か情報が隠されているとみるのが無難かと。
      裁判慣れしているJASRACがそんなことするとは思えない。良くも悪くも。

      • by Anonymous Coward on 2013年12月31日 23時41分 (#2520808)

        事の発端は、ライブハウスで演奏した分の著作権料について、楽曲リストも
        提出させないんだから著作権者にまともな分配できないよね?ってことなのに。
        だから明細書になんか載ってこないし、デジタル配信なんか全く関係ない。

        印税に関しても、ご本人は「現実いきなりゼロがひとつ減ったがこれとは関係
        ないと思う」と書かれてますよ。

        無関係なこと書き並べてるあなたの方が、よほど印象操作してるとしか思えません。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2014年01月03日 1時22分 (#2521454)

          DJしてますが、JASRAC管轄外の国の音楽をかけていても(日本版未発売)JASRACから著作権料払えって言われてます、
          どうやって著作権使用料の分配するのか謎です

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          >>ライブハウスで演奏した分の著作権料について、楽曲リストも提出させない

          そりゃ、どうやって信用すんだ、そんなもんって話でしょ。
          映像でも残ってるんなら話は別でしょうが。

           #A4ぺらいちの借用書でも信用するのか?

          • by Anonymous Coward

            出演者に演奏内容の記入をお願いし、JASRACの担当者に確認しました。しかし再度新しく示された記入例に沿った書き直しを示されたため、ファンキー末吉は再度書き直して担当者に再確認もしました。

            ソース読めばいいのに

          • by Anonymous Coward
            ライブってものにはセットリストって物があるんですよ。
            あと、「けいおん」見てみるといいですよ、ライブの前にどんな情報を主催者側に提出しているか具体的にわかりますから。
            • by Anonymous Coward

              そのセットリストが問題。
              この件について本人がインタビューで [frekul.com]JASRACは

              指ライブに来た方がブログで書いてるセットリストとかをネットで調べて、「末吉氏が書いたリストは嘘である」と。「だから全部信用できない、包括契約にしなさい」と。

              主張している話が出てくる。そしてこのインタビューを全文読んでも、ファンキー末吉側がリストが正しいと弁解している場所は出てこない。もちろん根拠も示されていない。
              リストが誤ってるのは間違いなさそう。一方的にファンキー末吉が強弁してる話でこれだから、実体はもっと酷いだろう。

  • by Anonymous Coward on 2013年12月31日 19時01分 (#2520716)

    まず間違いなくファンキー末吉氏が負けます。勝てる要素はどこにも無い。
    だからこそ訴額(払えと訴えられた額)まで含めて寄付を含めているんですね。

    おそらくファンキー末吉氏側が言ってない事実はかなりあると思いますね。
    それなりに優秀な弁護士がついている感じはしますが、おそらく弁護士は勝てると思ってないでしょう。
    弁護士は、ファンキー末吉氏が、払うべき他人の知的財産を利用した分の金を支払っていなかったと言う、要するに海賊版商売と同じ次元の不正をしていたという事でイメージが悪化しないよう、JASRACを悪者にして発表させるという事をしているものと思います。

    時系列的には
    2009年に店舗開設

    直後にJASRACが契約を求める手紙を送るも、ファンキー末吉氏、無視
    (ただし後に「支払いに疑問があった(キリッ」とのコメントを出してますがこの時点では公平な支払いを求める行動などは起こしていないようで、客観的に見て無視している)

    2012年に簡易裁判所に民事調停「過去の分を払え。これからの分は契約しろ」 → ファンキー末吉氏、無視すると差し押さえまであり得る事となり、ようやく重い腰を上げる

    ファンキー末吉氏、2012年6月、突然ブログで「利用者の皆様へ」と題する発表を行い、この時初めて「演奏した曲を書いて、著作権利用料を支払え」と言い出す
    (ただしこの金額は本来音楽を利用して商売しているライブハウス側が支払う性質のもので演奏者に支払わせるものではない(カラオケ法理)が)
      →この時点で、これより前については演奏楽曲のデータは無い事がわかる。ここで過去の分を演奏者に提供を求めているが…

    2013年4月、調停が不成立に
    ファンキー末吉氏側曰く「JASRACは個別契約は不可だと言ってきた」とあるが、JASRACが求めているのは過去の支払いのことなので、12年6月より前は客観的に信頼出来る書類がなければ受け付けないので(例えば権利持っている楽曲ばかり大量に書くなどの不正の可能性がありそれこそ公正ではない)、包括扱いで払えと言ってきたものではないか

    裁判
    支払う金はあるなどと大見得を切っていたのに、募金サイトではなぜかJASRACから支払えと言われた金額(これはたとえ公正に分配されていたとしてもライブハウスとしては支払わなければならない性質の金額。例えファンキー末吉氏が権利持っている曲だけ演奏しても法人としてのライブハウスから最終的に個人に支払われ税金がかかる)まで訴訟費用に含め、突然「金銭的に無理」と言い募金を集める
    ↑イマココ

    本来配当方法に不満がある事と、ライブハウスの経営者として利用料金を過去支払っていない事は関係がありません。
    誤解を恐れずに言うと、脱税していた人間が「俺に使われる税額が少ないから俺は払わなかったんだ」と言ったところで脱税は脱税です。
    ファンキー末吉氏の視点は非常に大事なので、ここは普通に支払って(寄付を募るとか、利用者から徴収するとか言う方法では無く自分の金で)、その上でJASRAC相手に配分が公正じゃ無いと言う訴えを起こして欲しいものです。

    • by Anonymous Coward

      利用料はすでに供託してあります。
      よって書かれている内容がすべて意味不明です。

      #寄付の件はちょっとサイトの文面が怪しくて、心配
      #ファンキー末吉さん騙されてなければいいけど

      • 供託している利用料では全然足りないのでしょう。支援者の会の記載を見ると、供託金は月1万円しか払うつもりがなくて、しかも払った金額はこれまで10万円(10ヶ月分だけ)とも読めます。

        また、ブログで弁護士費用は普通は時給、という書かれているのもおかしいですね。ごく一部の企業法務専門の事務所でもない限り、訴訟案件については訴額ベースの算定が「普通」です。

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      供託の意味をご存知で?

      • by Anonymous Coward on 2013年12月31日 22時19分 (#2520790)

        みなさんから受け取ったぶんを供託、と言っているので12年6月以降、
        法的にはライブハウス側が支払うはずのコストを、なぜか謎理論で利用者から集金している分だけですね。

        おそらくJASRACに訴えられているのは、それ以前の分です。訴えられたのは、調停が始まる前の分までで固定されているでしょうから。
        実はその行為、訴えられた事実とは全く関係内可能性が高いですよ。

        またまともに一曲140円で支払った場合、常識的にJASRACが請求している包括金額以上を支払わなければならないはずですがそうなんですかね。
        JASRACの行動の基準となる約款類はすべて公開されているので、それと照らしてファンキー末吉とその周辺の人々の行動は矛盾します。
        絶対に何か決定的な事実を伏せて公開してますよ。
        自分たちだけでやる分なら好きにしろという感じですが、このまま寄付を集めたのでは下手すると後で問題になる可能性すらあるんじゃないかと。危ういですよ

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年01月01日 15時21分 (#2520985)

    何が正しいのか全部出しして争うのが裁判なんすから、結果出てからどうこう言いたいかな。
    片方の主張だけ見てるとろくなことがないというのは、一般論として有効だと思ってます

  • by Anonymous Coward on 2013年12月31日 17時36分 (#2520678)

    自分で書いた曲を自分で演奏したなら、JASRACに払ったお布施の配当があってしかるべき、
    ってのは正しい主張なんだけど、
    包括契約じゃなくて個別に契約するってことは、その分のコストは甘んじて受けるということでもあるんですよね。
    これが全てのミュージシャンにとって幸せなのかそうでないのかは難しい。

    今回は個別契約を拒否したJASRACの態度に対して、独占禁止法なんかと絡めて突っつき所なんでしょかね。
    ファンキー末吉の印税額をまとめたもの [simplepile.jp]とかみると、
    その辺からも炎上させられそうですが。

    • by Anonymous Coward

      印税収入がJASRACとのトラブルを境に1桁減ってる件、本当なら理由はなんなんだろう。
      こっちのほうが訴訟になったら面白そうだけど、今回はあくまでライブハウス側としての争いだから、争点にはならないんでしょうね。

      • by Anonymous Coward

        ちょうどRUNNERがダイハツのCMに採用されていたかららしいですよ

  • by Anonymous Coward on 2013年12月31日 18時18分 (#2520700)

    気持ちはわからなくもないけど、全国全ての店が使用曲のリスト提出、管理団体がそれを元に分配って
    かなりのコストがかかるし、結局誰も得しないと思うんだけどな。

    • by Anonymous Coward

      包括許諾が気に入らないんじゃなくて、使用回数に応じた使用料をよこせって話。

    • by Anonymous Coward

      別に気に入らないとかじゃなくて、JASRACの気分で著作権者への分配額が左右されているように
      見えることに疑問を持ったから、明細を見せて欲しい、という話でしょ。

      JASRACがサンプリング調査もしくは曲目報告の結果を見せて、これを基準にして分配額を
      決めた、と言えば済むだけの話。

      リンク先を見ると、JASRACから「著作権料を支払え」という手紙が届いた途端1/10に
      減額されているようだし、分配額の基準に疑問を持つのは当然じゃない?
      ここでいう著作権者ってのは、イコールJASRACとの契約者なんだから。

    • by Anonymous Coward

      JASRACの規約をみると、個別契約は普通にできるみたいですよ。ただ、ざっくり時間あたりで計算すると、常にライブを行い、ライブが行われて無くても店内でビデオ上映などをして普段から飲食店として営業しているようなライブハウスの場合、1曲140円で、営業時間の大半を演奏していると仮定すると、月々楽に百万円とか支払う計算になります。

      一曲ごとに金を取って払わされるしかないカラオケや、チケット代と人数でとる普通のコンサートなんかに比べてかなり優遇された制度ですよこれ。
      似たような業態の店が訴えられた店側につくことはないでしょうね。ちゃんと金勘定できれば。

      なので、ここは支払うもんは支払って

      包括契約の金を配分する調査がロングテールの部分を切断しており不公正だ
      今後は包括契約であってもライブハウスで全数報告させしてその結果で支払え
      従来は事務コストが高くて不可能だったが、今は電算処理で現実的なコストできるはずだが、それを怠ったJASRACは義務を果たしていない

      ってな具合で訴えて欲しいですね。ついでに独禁法にも触れて。

      • by Anonymous Coward

        だから供託してんでしょ

        • by Anonymous Coward

          なんかググったらでてきたんで読んでるけど、擁護してる奴の理論がおかしすぎる
          こいつみたいに「供託無罪」厨とか、馬鹿か。

    • by Anonymous Coward

      > それを元に分配ってかなりのコストがかかるし

      産業規模からいって Web 登録させて分配計算のバッチを作るのに
      かかるコストなんてたいしたもんじゃないでしょ。

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...