パスワードを忘れた? アカウント作成
14018524 story
EU

EU司法裁判所、EU加盟国の裁判所はホストプロバイダーに違法コンテンツを全世界で削除するよう命じることが可能と判断 25

ストーリー by headless
世界 部門より
EU司法裁判所は3日、EU加盟国の裁判所が違法と判断したコンテンツについて、Facebookのようなホストプロバイダーに全世界での削除を命ずることが可能だとする事前判決を下した(判決文プレスリリース: PDFThe Next Webの記事The Guardianの記事)。

元の裁判はオーストリアの国会議員を中傷するFacebook投稿の削除について同議員とFacebook Irelandの間で争われているもので、削除を命ずることのできる範囲についてオーストリアの最高裁判所がEU司法裁判所の事前判決を求めていた。

オーストリアの最高裁判所が求めていたのは、電子商取引に関する欧州議会指令(2000/31/EC)の第15条(1)がプロバイダーに対する全般的な監視の義務付けを禁じていることから、裁判所が違法と判断したコンテンツと全く同じ内容のコンテンツや実質的に同じ内容のコンテンツについて削除を命じることが可能なのかどうか、削除の対象は全世界なのかどうかに関する判断だ。

EU司法裁判所では、違法と判断されたコンテンツと全く同じ/実質的に同じコンテンツの削除を命ずることについて、内容が特定されていることから第15条(1)の全般的な監視に相当しないと判断。そのため、EU加盟国の裁判所がこういったコンテンツの削除/ブロックをホストプロバイダーに命じることや、関連する国際法の枠組み内で全世界を対象としたコンテンツの削除/ブロックを命じることはEU法に違反しないとのことだ。
  • by Anonymous Coward on 2019年10月06日 12時21分 (#3697058)

    の部分を記載しないのは卑怯な誤誘導じゃない?

    ここに返信
  • by akiraani (24305) on 2019年10月06日 14時05分 (#3697090) 日記

    裁判所「違法コンテンツを削除なさい」
    ISP「わかりました。では、皆さん違法コンテンツを選別してください。ほら、データはこちらにありますから」
    裁判所「え、あの……」
    ISP「違法かどうかを判断できるあなた方に違法コンテンツを選別いただければ、直ちに削除してご覧に入れましょう。どうしたんですか? さあ早く選別してください」

    ここに返信
    • by Anonymous Coward
      裁判所の中の人「ISPを消す方法」🔎
  • みんなみんな、EU加盟国の裁判所が違法と判断したコンテンツについて、Facebookのようなホストプロバイダーに全世界での削除を命ずることが可能だとする判決ね。
    凄いぜ、EU独裁も此処に極まれり。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年10月06日 12時09分 (#3697056)

    命令に従うかどうかは別やろ

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年10月06日 13時19分 (#3697073)

      するとEU内での営業停止処分や、天文学的罰金とかが襲ってくるだろう。
      EUは、EU内でビジネスをしない企業にも、系列会社を人質に獲って罰金かけた前例がある。

      • by Anonymous Coward

        「違法企業」認定出来りゃ何でもありだなあ。
        〇国がソレをするのとは、被害がダンチ。無視は無理だわ。

  • by Anonymous Coward on 2019年10月06日 13時15分 (#3697072)

    EU司法裁判所、「忘れられる権利」による検索結果からの除外はEU加盟国の国別TLDバージョンのみが対象になるとの判決
    https://it.srad.jp/story/19/09/27/1423237/ [it.srad.jp]

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年10月06日 14時22分 (#3697100)

      一言で言えば「EU域外の検索キャッシュだけは残っててもいいよ。でもコンテンツ自体は全世界で消すからね?」ってこと。
      一見ちぐはぐに感じるが、実は矛盾していない。
      閲覧とダウンロードの違いでもよく問われる、キャッシュはコンテンツそのものじゃない、っていう扱いの違いからの帰結でしょうな。

      「違法コンテンツの扱い」
      - 対象は「コンテンツの削除/ブロック」
      - EU加盟国の裁判所が、関連国際法の枠内で全世界向けコンテンツの削除/ブロックを命じることはEU法に違反しない

      「忘れられる権利」
      - 対象は「”検索結果”からの除外」
      - EU加盟国TLDからはすべて除外必要
      - 全世界のTLDからの除外は義務ではないが、禁じてもいない
      - EU域内ユーザーがEU域外のサーチエンジンで検索するのを妨げるジオブロッキングが最低限必要

      • by Anonymous Coward

        誤解しそうなので補足。対象というのは、それぞれの裁判で取り上げられた対象のことね。法律の対象ではなくて。

      • by Anonymous Coward

        忘れられる権利に関する判決を読んでもキャッシュがどうのと言う文は見当たらない

    • by Anonymous Coward
      そう?
      EUは全世界に命令する権利を有する
      EU域外の人間に人権はない
      という一貫した態度だと思うけど?
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...