パスワードを忘れた? アカウント作成
14001953 story
ゲーム

カプコン、ゲーム関連特許侵害訴訟でコーエーテクモゲームスに勝訴 22

ストーリー by hylom
金額は多いのか少ないのか 部門より

カプコンは2014年、ゲーム関連の特許を巡ってコーエーテクモゲームスに対し裁判を起こしていたが(過去記事)、この裁判の二審で知的財産高等裁判所がカプコンの主張を認め、コーエーテクモゲームスに対し1億5,691万3,710円(弁護士費用等1,307万円を含む)の支払いを命じた(GAME Watchカプコンの発表コーエーテクモゲームスの発表)。

問題となっているのは、続編ものゲームで前作タイトルのメディアを読み込ませると追加コンテンツがアンロックされるという特許(特許第3350773号)と、コントローラーの振動で敵の存在を知らせるという特許(特許第3295771号)。一審の大阪地裁(2017年の記事)では前者について特許無効との判断になっていたが、二審では「製品の一部は非侵害」と判断されたとのこと。

なお、これらの特許はすでに存続期間が満了している。

  • by Anonymous Coward on 2019年09月12日 15時44分 (#3684967)

    こう言う特許訴訟の時はコナミがなぜか悪いと言う話になってしまう。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2019年09月12日 16時07分 (#3684977)

    この機能自体はハードメーカー側の仕様だから、特許の中身は「敵の接近で」振動させるということだよね?

    それで特許が成立するなら、爆発で振動とか、叫び声で振動とか、ピストン運動で振動とかでも特許になるんじゃないの?

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2019年09月12日 16時11分 (#3684980)

      特許を取る時のコツの一つとして「用途を細分する」ってのが有って。
      細分であっても効果範囲が大きい場合も有る~馬鹿に出来ない。
      例えばアップルのマルチタッチとか、既にマルチタッチ自体の特許は有ったのでデバイスを絞って取得したんだよな。

      • by Anonymous Coward on 2019年09月12日 16時22分 (#3684987)
        コーエーの主張はニンジャウォーリアーズで戦車が来ると尻が震えるって先行事例があるから無効、ってのだったんだけど、
        戦車は2面と4面にしか来ないと分かってるから、いつ来るか分からない敵で振動するこの特許とは別、という結論になった。
        よく探したな、とうかこれで勝つるって思ったんだろうけど、裁判官の考えることは分からんなって感じ。
        • by Anonymous Coward on 2019年09月12日 17時13分 (#3685012)

          裁判の実際の様子ってよくわかんないけど
          コーエーの弁護士が「すでに〇〇というゲームで◇◇という使用例があるので既知。特許は無効」
          とか主張したら
          カプコンの弁護士が「意義あり!その使用例は今回の特許とは●●という差がある」
          みたいな反論したりすんのかな

      • by Anonymous Coward

        既存特許を細分して取る時は、経済力と法務部の力が重要。
        当然既存特許の保有者からは特許料を請求される訳だから。

        Appleの様にELANからの特許料請求はのらりくらりと引き延ばし、自社の特許では訴えまくって大成功、
        なんてのは、並みの体力の企業には難しい。

  • by Anonymous Coward on 2019年09月12日 18時07分 (#3685042)

    両社とも勝訴と言っていて、どうやら言い分が一部通り、一部は通らなかったということらしい。
    引き分けではないの?

    ここに返信
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...