パスワードを忘れた? アカウント作成
13637491 story
検閲

学校が生徒児童の読書傾向を把握し管理するという話に批判が集まる 123

ストーリー by hylom
実態のほどはいかに 部門より

埼玉県三郷市で、生徒の読書に関する情報を学校が管理しているという話が報じられた。これに対し、生徒が読んでいる本やジャンルを教師が管理することについて批判が集まっている

記事では「データベース化を行うことによって、児童ごとの読書傾向を学校側が把握できるようになり、今どんな本を読んでいるのか、あるいは1ヶ月で何冊の本を読んでいるかなどを的確に把握できる」とされているが、これがプライバシ侵害や思想統制に繋がるのではないかというのが主な批判の内容だ。

ただ、学校側によると教師に伝えられる情報は本の貸し出し回数や、各児童が本を借りている回数だけで、どのような本を読んでいるかといった具体的な内容については伝えていないという(キャリコネニュース)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • この小学校の問題点 (スコア:5, すばらしい洞察)

    by simon (1336) on 2018年07月03日 17時07分 (#3436488)

    「読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。」という『図書館の自由に関する宣言 [jla.or.jp]』に反している。

    そもそも読書傾向について「偏っている」という絶対的評価は不可能であり、各児童個人によって読書傾向が違うのは当たり前である。それを是正するだなんて大きなお世話だ。

    • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時17分 (#3436582)

      この問題は思ったよりも深そうで、簡単に結論が出るとは思わない方が良さそう。

      https://twitter.com/dellganov/status/1013585294698766337 [twitter.com]

      三郷市の学校図書館の事例がやや燃えているが、学校図書館においての読書記録の扱いについては長年議論が続いており、「自由宣言」違反だと言って終わりというわけでもない。教育の論理と図書館の論理がコンフリクトしているとも言える。あとは、一般的な児童の人権(プライバシー権)の問題もある。

      https://twitter.com/dellganov/status/1013587033674010625 [twitter.com]

      山口真也「学校図書館と「読書の自由」―貸出記録の教育的利用問題を中心に―」
      http://www.okiu.ac.jp/sogobunka/nihonbunka/syamaguchi/toshokantaikai.pdf [okiu.ac.jp]

      https://twitter.com/dellganov/status/1013585616594821120 [twitter.com]

      なお、図書館サイドの議論では、沖縄国際大学の山口真也先生が継続して研究をされているので、参照されたい。
      http://www.okiu.ac.jp/sogobunka/nihonbunka/syamaguchi/yamaguchishinya.html [okiu.ac.jp]

      https://twitter.com/dellganov/status/1013590410512306176 [twitter.com]

      なお、学校教育の論理を強調すれば、「自由宣言」には法的規範性はなく、学校図書館は学校教育のために設置されており、学校図書館の責任者は校長であって教員は「外部」ではなく、読書記録を教員にも開示しないというのは図書館の論理による学校教育への「不当介入」だということになる。

      https://twitter.com/hinata_yo/status/1013755237151080450 [twitter.com]

      山口先生の論文で非常にきになるもの。「学校図書館における児童・生徒のプライバシー保護-読書記録の取り扱いをめぐって」 学校図書館内において性感染症や自殺の方法について調べている児童生徒を見かけた場合、図書館員はどのように行動すべきか。
      http://www.okiu.ac.jp/sogobunka/nihonbunka/syamaguchi/yamaguchiprivacy.pdf [okiu.ac.jp]

      親コメント
      • by Anonymous Coward
        長年議論するまでもなく、貸出履歴を見る前に生徒本人に聞け、で一瞬で結論つく話だろ
        それで済まないような、生徒と信頼関係築けてない教師に貸出履歴を見られることこそ恐怖だわ
        • by Anonymous Coward on 2018年07月04日 11時42分 (#3437001)

          それで君は正直に答えるの?

          親コメント
    • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時51分 (#3436554)

      この学校が日本図書館協会に加入していれば問題ですが、非加入なら全く関係ないのでは?

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時14分 (#3436578)
        むしろ加入していたって全く問題ありませんよ
        宣言や綱領は法律ではないんで守る義務なんかありませんし、守らないからといって協会から罰せられることもありません
        ただ単に、この図書館が図書館員に求められる一般的な倫理を欠いた人間によって運営されているというだけです
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          まあそりゃ学校図書館に図書館員はおらんからね。
  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時26分 (#3436512)
    「本の貸し出し回数や、各児童が本を借りている回数だけ」なら漏らしてオッケー
    って考えてる時点で本当に図書館の自由に関する宣言とか見たこともないんだろうなとしか。
    そういう人が管理していて「本の貸し出し回数や、各児童が本を借りている回数だけ」以外の秘密を漏らしてないとはとうてい思えない。
    • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時44分 (#3436542)

      第3 図書館は利用者の秘密を守る
      1. 読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。ただし、憲法第35条にもとづく令状を確認した場合は例外とする。
      2. 図書館は、読書記録以外の図書館の利用事実に関しても、利用者のプライバシーを侵さない。
      3. 利用者の読書事実、利用事実は、図書館が業務上知り得た秘密であって、図書館活動に従事するすべての人びとは、この秘密を守らなければならない。

      これですね、学校はたくさん推定図書を読めば自動的に良い子になるとでも思ってるんじゃないでしょうかね?
      (もしくは成績評価に使われてたりして)

      日本図書館協会「図書館の自由に関する宣言 」
      http://www.jla.or.jp/Default.aspx?TabId=232 [jla.or.jp]

      親コメント
      • 学校はたくさん推定図書を読めば自動的に良い子になるとでも思ってるんじゃないでしょうかね?

        学校関係者等は、児童に本を読ませる事で、自身らが高評価を得られるとでも思っている悪寒。

        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時34分 (#3436593)

        >前述の三郷市立彦郷小学校の鈴木勉校長によると、データベース化を行うことによって、児童ごとの読書傾向を学校側が把握できるようになり、今どんな本を読んでいるのか、あるいは1ヶ月で何冊の本を読んでいるかなどを的確に把握できると言います。

        タイトルもなしでどの本を読んでいるのかわかるのかw

        親コメント
      • by Anonymous Coward
        学校図書館の場合、教師はあくまで内部の人間扱いなんで、生徒指導のために貸出情報を有効活用するのは必ずしも宣言に違反しない、という意見もある(というか昔はそっちの解釈が主流だった)
        でもね、貸出履歴で生徒指導したけりゃ生徒本人から聞けばいいんですよ。履歴見る必要は全くない。
  • 私は、小学 5 年生の時に読みたかったコンピュータの本を買ってもらったけど、そのころは図書室はおろか図書館にもそんな本は置いてなかった。

    仮に図書館にその本が置いてあって、教師がそれを知ったところで、いまでさえ何の指導もできるわけがないし、借りた図書館が管轄外だった場合、その児童が何の本も読んでいないことになる。

    そんな半端な指導なんて、受けたくもない。

    ---
    役所や日教組は、いまだに「できること」と「やってはいけないこと」の区別がつかないんだね。

  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時38分 (#3436533)

    ストーリー本文中でリンクされた先に

    > 三郷市立彦郷小学校の鈴木勉校長によると、データベース化を行うことによって、
    > 児童ごとの読書傾向を学校側が把握できるようになり、今どんな本を読んでいるのか、
    > あるいは1ヶ月で何冊の本を読んでいるかなどを的確に把握できると言います。

    とか、

    > そしてそれらのデータ資料を担任の先生に配布することで、個別指導を行ったり、
    > 時にはオススメの本を推薦することもできるのだそうで、このことに関して
    > 鈴木校長は次のように述べていました。

    > 「『本を読みましょう』とクラス全員に向かって訴えても、なかなか効果は期待できません。
    > それよりも、一人ひとりの読書傾向を先生が理解した上で指導すれば、
    > 児童の読書意欲も随分と上がってくるんじゃないでしょうか。」

    とか書いてあるんですが、あくまで「できる」だけでやってないということですかね。

    • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時59分 (#3436564)

      最初のハウスコムというサイトの記事を書いたライターは

      https://twitter.com/qtfdjxs/status/1013796066502717440 [twitter.com]

      「当該記事は取材中に録音させて頂いた音声に沿って執筆を行いましたし、記事公開前には固有名詞や取り組みの内容に関するチェックを三郷市役所から何度も受けました。」

      と言ってるので市役所としてはこの記事の内容になにも違和感はないってことなんじゃないのかな。実際の現場の取り組みとは乖離してるけど。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時43分 (#3436540)

    教師や経営陣の 性癖 読書傾向をだな(ry

  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時47分 (#3436547)

    ということで、読書感想文という悪しき課題も廃止にすべきですね。

  • たまに古本とか、昭和から何十年もそのままになってる本で見つかるけど、あれはプライバシー侵害じゃないのか。
    プライバシーより本を借りた責任の意味で書いてるだけど。

  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 17時56分 (#3436558)

    読む内容もペースも子供自身や親が考えることだ。
    義務教育の学校如きに管理される謂われはない。

  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時15分 (#3436579)

    本が文化や思想に影響を与えていた昔なら、本の閲覧履歴なんかは
    思想・思考が反映されプライバシーと言われても仕方ないが、
    現代では、本の閲覧履歴なんかで思想・思考って分かるのかなぁ?

    それより、現在ではネット閲覧履歴とか商品購入履歴とかのほうが、
    よっぽど思想・思考が分かるしプライバシーだよなぁ。

    この手を批判・警告する人って、ネットワークビスにはログインせず、
    プライベートブラウジングしかせず、会員カードも作らず、
    クレジットカードも契約せず....な生活してるのかな?(^^;

  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時15分 (#3436580)

    学習指導要領(抜粋):学校図書館
    http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/dokusyo/hourei/cont_001/017.htm [mext.go.jp]

  • もっとも小学生相手にちゃんと説明して理解してもらった上で同意するところまで
    ちゃんと出来るのか、という気がしない事もないかもしれない。

    せっかくだから児童が先生の事をもっと理解できるように先生の貸出履歴を
    児童にちゃんと公表しないとね。

  • by Anonymous Coward on 2018年07月03日 18時43分 (#3436599)

    > これがプライバシ侵害や思想統制に繋がるのではないかというのが主な批判の内容だ。

    プライ橋(typo)はともかく、小学校の図書館に特定の思想に偏った書籍をそんなに
    置いてるもんですかねぇ。
    後者の批判は的外れな気がしなくもない。

    もしくは特定の思想に偏った書籍を置いておいて、それらを好んで読む生徒がいたら
    捕まえては洗脳もとい正しい教育(棒読み)を施すトラップとか

    • by Anonymous Coward

      そうそう、的外れ
      日教連や日教組や全教の構成員は特定の思想に片寄らずに蔵書を選んでくれてる
      大丈夫

typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...