パスワードを忘れた? アカウント作成
12860790 story
マイクロソフト

9月15日に発効するMicrosoftの新サービス規約、海賊版ソフトウェアに関する記述が消える 5

ストーリー by headless
対象 部門より
9月15日に発効する新しい「Microsoftサービス規約」が公開されている(新サービス規約現行のサービス規約Microsoftサービス規約の変更の概要)。

新サービス規約では、現在のサービス規約でWindows 10が海賊版ゲームを削除するのではないかと誤解された「ソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更」に関する記述が削除されている。一方、新たに追加されたXboxのソフトウェア更新プログラムに関する項目では、Xbox本体またはXboxアプリのソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更の中に「Xboxサービスへのアクセス、無許可のXboxゲームまたはXboxアプリの使用、またはXbox本体での無許可のハードウェア周辺機器の使用を防止する」ものがあると明記されている。

このほか、主な変更点については「Microsoft サービス規約の変更の概要」ページにまとめられているので、参照してほしい。なお、Windowsに関してはWindows用のEULAが適用されるため、このサービス規約の対象外となる。対象サービスの一覧はサービス規約の最後に記載されているが、日本語版では「以下の製品、アプリ、およびサービスは、Microsoft サービス規約の対象となりますが、お客様の市場ではご利用いただけません。」という相変わらず意味不明な記述になっている。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 誤訳ですね

    英語版では以下のように書いてあります
    > The following products, apps and services are covered by the Microsoft Services Agreement,
    > but may not be available in your market.

    つまり"may"を訳し忘れています

    ただしくは
    「以下の製品、アプリ、およびサービスは、Microsoft サービス規約の対象となりますが、
    お客様の市場ではご利用できない場合があります
    という感じでしょうか

    • by Anonymous Coward

      翻訳しているからと言って、その国に適用されているとは限らないってだけのことだと思う。

    • by Anonymous Coward

      Internet Information Serviceを訳して「インターネット情報サービス」はすべてCALに拘束されると言い張った日本MSのことだから、意味不明でも翻訳こそが正文と見るべきでしょう。

  • by Anonymous Coward on 2016年07月31日 6時59分 (#3055756)

    マ社の製品の利用を始めるということがインターネット社会に対して数え切れないほどの
    負の影響を与えるということ、可能性ではない、を認識しているのだろうか?

typodupeerror

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

読み込み中...