パスワードを忘れた? アカウント作成
156566 story
ニュース

勤務中に歌っていた店員、印税管理団体に訴えられそうに 65

ストーリー by soara
「生演奏」だけどBGMなので…?? 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

勤務中に歌を歌っていた英スコットランドの食料品店員が、英国の印税管理団体PRS(Performing Right Society)に「許可無しのパフォーマンス行為」として訴えられそうになるという事件があったそうだ(BBC本家記事より)。

この食料品店にはもともとラジオがあったそうだが、客に聞こえる範囲でラジオを流すには許可が必要との通達を受けラジオは撤去されていたそうだ。ローリングストーンズのファンだという56歳の Sandra Burtさんが歌いはじめたのはそれからのこと。商品陳列の際などに気分を明るくするため歌っていたという。

その後、PRSから許可無しのパフォーマンス行為であるとして起訴されうるとの連絡を受けたのこと。さらには何千ポンドもの罰金に科せられる恐れがあることも分かったそうだが、「それでも歌うのはやめられなかった」と Sandraさんは言う。このことがメディアで取り上げらると抗議の声が多く挙がり、PRSが Sandraさんに謝罪することで一件落着したとのこと。

PRSが Sandraさんに送った花束には「大きな過ちを犯したことをお詫びしたい。あなたは素晴らしい歌声であると伺っています。これからも頑張って下さい」との手紙が添えられていたそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...