パスワードを忘れた? アカウント作成
25201 story
著作権

ACCSやJASRACらが「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」を設立 131

ストーリー by nabeshin
名前が長くなっても悪用を入れました 部門より

hylom 曰く、

ACCS(コンピュータソフトウェア著作権協会)は5月12日、ACCSやJASRACなどの著作権団体や日本インターネットプロバイダー協会や電気通信事業者協会などの電気通信事業者が共同で「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」を設立したと発表した(ニュースリリース)。

リリースによると、ファイル共有ソフトによる著作権侵害行為によって6時間で100億円に相当する被害があると推計されており、さらに利用者も急増しているため一層の対策が求められているそうで、

本協議会は、警察庁が開催する「平成19年度総合セキュリティ対策会議」が2008年3月27日にまとめた報告書において、ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害に対処するため、著作権団体と電気通信事業者が中心となって協議会を設立することが提言されたことを踏まえて設立に至った
とのことだ。
(つづく)

構成員としては前述のJASRACやACCSの理事のほか、日本国際映画著作権協会の代表、テレコムサービス協会や日本ケーブルテレビ連盟、ヤフーの担当者などが名を連ねている。さらに、オブザーバとして警察庁や総務省、文化庁も参加している(ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会 構成員)。

協議会の目的は著作権侵害行為を続ける者に対しての対応で、当面は著作権侵害行為者に対しメールによる注意喚起やアカウントの停止、さらに損害賠償請求や捜査、検挙といった行為の実施に向け、具体的問題や課題などを検討していくとのことだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2008年05月13日 18時13分 (#1343284)
    どうして正規品の魅力を高めようと努力しないのかな?この人たちは。確かにネットを使った著作権侵害は彼らのビジネスモデルを根幹から揺るがしているが、正規品の利便性や魅力を高めることで海賊版撲滅は無理でも減少させることなら可能なんだけど。

    まずは、再販制度に守られて世界一高価な日本の著作物の価格を何とかするべき。ここを何とかしない限りは非合法配信に手を染める層に聞く耳を持ってもらえない。
    次に、ユーザに受け入れられる形で自らネット配信に乗り出すべき。もしくはiTunes Storeなど、広くユーザに支持されているビジネスに乗ってもいい。ユーザビリティ無視で囲い込み配信を行っても誰も受け入れない。
    最も重要なことだけど、「著作権団体」は自らの役割を少しは弁えるべき。消費者はクリエイターを支援することに全く異議はないが、売り上げの大部分を「創造しない寄生虫」が持っていくのでは「正規品にお金を払う意味を感じるか?」という面で、正規版も海賊版もほとんど違いがない。

    異常に甘い汁が吸えるビジネスモデル温存のため、働くことを忘れたヒヒジジィが公権力にすがる姿は滑稽にしか見えない。
    • by Anonymous Coward on 2008年05月14日 13時55分 (#1343949)
      この手の話題だと必ず「コンテンツサービスの魅力を高める努力を(ry」という
      そんなことやるならば論が出てくるけど、前提として違法に権利が侵害されている
      という点が抜け落ちている主張が多いですね。サービス悪ければ、盗まれても
      仕方ないだろう自業自得だということでしょうか?

      権利保持者に関しても、それはコンテンツ制作者と権利代表者が契約の上で
      そうなっているわけであり、「寄生虫」呼ばわりするのはお門違いではありませんか?
      中間マージンが不当に思えるほど高いならば、「中抜き」するビジネスモデルを
      作れば良いのではないですか? 流通ではだいぶん前に行われてますよね。

      権利侵害の対策に取り組むこととコンテンツホルダーが受けの良いサービス改善を
      行うことは別問題と思うのですが、どうしても結びつけて論じないと正当化できない
      理由でもあるんでしょうか?

      サービス改善は意見・要求の声をあげることとサービスを購入しないという行動が
      一般的な消費者の意思表示方法ではないのでしょうか。ネットに流れるメディアに
      関しては違うんですかね? どこかの誰かが違法に垂れ流したコンテンツを取得して
      楽しむこと、またはその現状を認めることが抗議の意思表示だと言うならば、
      テロリスト並みの論理に思えます。
      親コメント
    • 非合法配信にのっかって只で手に入れてるニンゲンの多く(全部とは言わない)は
      P2P潰したところで購買層に転じるわけではないからなー。

      P2Pが原因と言うよりはコピーガードと著作権違反対策などを言い訳にした
      高利益率設定が購買の足を引っぱってるんだけどね。
      もう、これは大昔から。

      いい加減、体質改善しないと外資に喰われてチョン、だわね
      親コメント
      • >非合法配信にのっかって只で手に入れてるニンゲンの多く(全部とは言わない)は
        >P2P潰したところで購買層に転じるわけではないからなー。

        これは良く言われるけど、一つ、商売の基本である

        「顧客と顧客外の差別化」

        って観点を忘れているのではないかと思うのですけどね。

        例えばレア品に価値を認めるってのは、その商品本来の価値のみではなく、「他には供給されていない」ってのも考慮される訳で。
        つまり、非合法配信により利用する層を放置する事に依り、商品価格は同じでも顧客に対する価値は相対的に変わるって事。

        偶に見る「放送されないからDVD買った・借りた」って話は、その相対的価値が決して無では無いって事を表してますよ。

        #良いじゃん、そんな違法行為なんぞ全滅させたって。

        親コメント
        • うん、全滅させたって良いと思うけどこんなの潰したって無くならないし、
          もっと昔からあった友だちの貸し借りなんて止めれない。
          んで、この人達の主張認めてるとほら、ipod課金とか鼻歌課金とかつまんねーことやり始めるし。

          だから潰すのにエネルギー使って、いつまでもウダウダやるよりもちゃんと客を向いて商売して欲しいなぁと。
          親コメント
          • いや、スラドに出入りしているのであれば、セキュリティとか安全の問題で「無くならない」などと言って投げている人間がどう判断されるか判っている筈ですが?

            これも同様、「問題を減少させる努力を続ける」事自体が重要かつ必要であり、それにより微々たる物であっても改善が見られる限りは意義が有ることです。

            特に、これに参加している団体ってのは、『顧客より大切な権利を委託されて商売をしている』所ですよ?
            そこが権利侵害の対策をしないで、一体何処がやるんだと言うのか。

            >この人達の主張認めてるとほら、ipod課金とか鼻歌課金とかつまんねーことやり始める

            あー、そう言うのはそういう所に文句を言いましょ。
            少なくとも「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害」の対策を考えるってのは、必要な事であって、問題が多い行為でも何でも無いですよ。

            >だから潰すのにエネルギー使って、いつまでもウダウダやるよりもちゃんと客を向いて商売して欲しいなぁと。

            参加企業の商売を考えれば、この活動は「ちゃんと客を向いた商売」そのものだと思いますが、違いますか?
            彼らはレコード会社でもDVD屋でも無いんだから、そういう事はそっちに言うべきで彼らに向けても何ら意味は無いかと。

            ってか、JASRACとかACCSとか何て名前を見ると、「をを、珍しくちゃんと仕事しているなぁ。」って感想が出る位だと思うのだけどねぇ。

            #ま、コメ自体は「無くならない…だから…」だけで私的には既に「意味の無いボヤキ」としてしか見てませんけど。

            親コメント
            • プロパガンダだけならいつもがんばってやってますよ>JASRACやACCS
              時々悪くないものもいっしょくたに悪いって言いきるからかなり胡散臭く見えますが。

              しかし、著作権侵害というのは海賊(殺して物を奪う集団)というほど悪いことなんですかね。自分とかは、今の著作権という概念自体に疑問を持ってしまってるんですよね。それは本当に保護されるべき権利なのか?と。
              --
              ◆IZUMI162i6 [mailto]
              親コメント
              • by QwertyZZZ (8195) on 2008年05月14日 13時47分 (#1343943) ホームページ 日記
                著作権自体に疑問持つのもそれを議論するのも良いと思いますよ。
                別に私もコイツ等が好きな訳でも無いですし、利便性向上の為の活動はあって良いと思いますから。

                只、それ以前の問題として、筋の通らないのが嫌いなだけ。

                ここでの話題の活動自体は別段何の問題もない、いや、もっと早い時期にやって置いて然るべき内容の物ですよね?
                それを凄く適当な思い込みだけで故無しに非難するってのは、法的根拠を持って行動している相手より程度が低いって思ってます。
                ましてや、そこあたりから違法行為容認論なんぞ出すなんて問題外。
                法が気に入らないのであれば、ちゃんと法に則った方法で改正を目指すのが正しい道筋なのでは無いでしょうか。

                それを面倒がってグチ話で盛り上がりそのままのノリで違法行為に走るのであれば、それは単なるテロに過ぎませんよ。

                あっちこっちで騒いでいる人達見ると、JASRACが作品にDRMを定めたり、ACCSが商品価格や流通経路を定めているって思っている人すら多そうなのが何ともなぁ。
                反対活動をする前に、冷静になって個々の団体の具体的に何が嫌いなのか、リストアップしてから始めるのをオススメします。

                親コメント
              • 過去10年間の法改正を出来レースでやってきておいて、今更土俵がきれいなことを信用しろというのはいささか現実的ではない気がします。
                パブリックコメントが完全スルーされる程度に国民の声に真剣に耳を傾けてらっしゃいますし、そういう方々が勝つための土俵をしっかりと整備されてますのでまともに同じ土俵に上ろうというお人よしはあまりいらっしゃらないんじゃないでしょうか。
                既に著作権周りの話は倫理や論理ではなく政治不信や業界不信みたいな話になっていて、あとはもう泥試合しかないという状況なのではないかと。
                消費者から献金とか裏金とか天下り先とか用意できれば良いんですが、全ての消費者のビッグブラザーとなるような営利団体が今のところないので・・。
                --
                ◆IZUMI162i6 [mailto]
                親コメント
    • >異常に甘い汁が吸えるビジネスモデル温存のため
      「ファイル共有ソフト(の存在)を悪用した著作権侵害対策(=さらなる集金)」を行うための協議会を始めたわけですね。
      親コメント
    • 偉い人が努力しなくても儲かるための仕組みを努力して作ってきたので、努力するなんてのは本末転倒なんじゃないでしょうか。

      彼らは作品の品質ではなくそれがやりとりされる仕組み自体を変えることに尽力しているんじゃなかろうかと。まぁ、バブル以降ずっとですが。
      それで作品の内容がよりよくなり、文化的に発展するんでしょう。自分にはよくわかりませんが。さすが著作権法は文化保護のための法律ですな。がはははは。ビバ私的録音補償金。

      まぁ、作品の品質に努力しなくてどう内容が良くなるのかはよくわかりませんが、たぶんその辺は文化庁の人が知ってるんじゃないかと思います。
      --
      ◆IZUMI162i6 [mailto]
      親コメント
  • 6時間で100億円ねぇ。 (スコア:4, すばらしい洞察)

    by 127.0.0.1 (33105) on 2008年05月13日 18時20分 (#1343289) 日記
    6時間で100億円、てことは1日で400億、1年で14兆6000億円と。ふーん。

    利用者が急増ねぇ。ホントかいな。
  • 遅い…… (スコア:3, 興味深い)

    by akiraani (24305) on 2008年05月13日 20時29分 (#1343383) 日記
     実は、Winnyの実稼動ノード数は着実に減少 [netagent.co.jp]しつつある。Shareのノード数が増えてはいるものの、Winnyノードの減少数の方が大きいとの調査結果 [netagent.co.jp]が出ている。
     先日の逮捕劇でShareユーザーの増加にもブレーキがかかるだろうし、P2Pファイル共有ネットワーク全体は明らかに減少傾向にある。

     最大勢力であったWinnyがああいう状況なのも減少原因の一つではあるが、最も大きな理由は動画共有サイトの登場だろう。少なくとも、タダで動画が見たいだけならわざわざセキュリティリスクのあるP2Pソフトを入れてHDDリソースを無駄遣いしなくても、YouTubeなりニコ動なりYoukなりに行けばいい。つまり、P2Pファイル共有はもう時代遅れなのだ。
     P2Pネットワークの性質上、ノード数が減れば流通ファイルが減り、流通ファイルが減るとユーザーが離れてノード数が減る。このサイクルが一定のラインを越えたところで、P2Pネットワークは一気に消滅する可能性が高い。

     そもそもキングオブ丼調査のACCSとキングオブ丼勘定のJASRACが強力したところで、できることは知れてる。ライトユーザーへの啓蒙活動が意味のある段階ならまだしも、いまさら流行おくれのP2Pファイル共有の対策協議会なんぞを設置して何をしようというのだろうか……。
    • Re:遅い…… (スコア:2, すばらしい洞察)

      by cyber205 (4374) on 2008年05月13日 20時48分 (#1343404) ホームページ 日記
      「自分達の存在を脅かすものを全力で叩き潰すのが目的だ」
      と考えると分かり易いのではないですか。
      相手の勢力が弱まった今がチャンスなんですよ、きっと。
      親コメント
    • by ta98 (10561) on 2008年05月14日 0時34分 (#1343558) ホームページ
      >キングオブ丼調査のACCSとキングオブ丼勘定のJASRACが強力したところで

      ろくな調査はしない、できない。都合の悪いものにふたをするのは人間同じですから。

      あ、でもこの方々が調査目的でP2Pに接続してですよ、なんかデータが流出してどっかの掲示板でさらし者・祭に
      なってたら「一応調査してたんだ…」とは思う。

      #なにか違う
      親コメント
  • デジタルデータの内容しだいでコピーや交換が許されたり許されなかったりするという事自体が根本的に間違っている。
    暗号化して視聴制限をしたければすればいい。破られたら破られたほうが悪い。
    デジタルデータで稼ぎたいのであれば、がんばって解読されない仕組みを作ればいい。

    デジタルデータはただの大きな数値に過ぎないのだから、コピーとは値を伝えたに過ぎない。
    すべての数値はすべての人のものだ。
    それを記録し伝えるのは、すべての人が有する権利であるべきだ。

    • 何か勘違いしてるんじゃ無いかな?
      デジタルデータの複製全般について問題にしてる訳じゃないんだよ。

      デジタルかどうかが重要なのではなく、著作物という権利者の存在するデータだから、問題になってるんですよ。

      ピッキングによる空き巣という犯罪について、「空き巣」という家宅侵入や窃盗を抜きにして、ピッキングだけの是非を論じてるのと同じです。

      扉を開ける事を禁止する事が許されたり許されなかったりする事自体が根本的に間違ってる。
      鍵をかけたければすればいい、鍵がこじ開けられたら、こじ開けられたほうが悪い。
      家の安全を守りたいなら、がんばってこじ開けられない鍵を作ればいい。

      って理論で、空き巣を正当化できますか?

      鍵をこじ開ける事が問題なのではなく、侵入したり盗んだりする事が問題なんですよ。

      著作権の侵害を抜きにして、デジタルコピーだけを論じても意味は無いんです。
      親コメント
      • デジタルデータを物質的な物の窃盗と比較している時点で大きな間違い。

        デジタルデータの複製を「盗む」という物質的な物を扱っていた時代の概念に囚われて考えているのが間違い。
        物質的な物の窃盗や破壊の罪は、相手が「所有している状態」から「所有していない状態」へ遷移させる事です。
        物質の存在位置を移動する事で「所有していない状態」にすることを窃盗と呼んだし、物質を破壊する事で「所有していない状態」にすることも罪と考えた。物を所有する権利を社会が定めることで治安維持を図ったに過ぎない。

        ファイル共有はどこにも侵入していないし盗んでいない。相手の「所有している状態」も変えていない。
        自分の手元にある数値データにどのような算術処理をかけようと、他人の管理領域への鍵を「こじ開けた」とは私は考えない。手元にある数値データは自分の物だからだ。

        空き巣がかぎをこじ開けるときのような、土地への侵入、錠や戸の破壊行為、相手の所有状態を非所有状態への遷移といった事象は起きていないので、そもそも例えとして適切ではない。

        自分の家のなにひとつ物が減っていない状況を窃盗と例えるのですか?
        親コメント
        • いや、権利を侵害してる時点で、相手の利益を侵害してる。
          窃盗も何が悪いかというと、相手の損になるから悪いことなのですよ。
          根本的には一緒。

          見えない物は無いものとして考えるからおかしな事になる。

          人権とかも否定するほうですか?

          >自分の家のなにひとつ物が減っていない状況を窃盗と例えるのですか?

          例えば、電気の窃盗が一番近いかもしれません。
          自分の家のなかの何一つ物が減ってません。でも窃盗です。
          相手に与えるのは金銭的な被害だけです。その点、違法なデジタルコピーと一緒です。
          親コメント
        • あー、ごめん、さっきのレスは論点がずれて行ってる気がする。

          私の言いたいのは、手段が問題なのではなく、著作権侵害という犯罪が問題だという事。

          家の鍵と窃盗の例を出したのは、デジタルデータのコピーが窃盗と同等だと言いたかったのではなく、「家の鍵をこじ開ける」行為で「窃盗」を正当化できないという例です。
          「窃盗」とか「著作権侵害」という犯罪が行われている限り、その手段が何であろうと、犯罪は犯罪で変わりは無いという事です。

          あなたの言ってる事は、「オレのものをどう使おうとオレの自由で、その結果他人に被害が出ても責任は無い」という事ですよ。
          前半の「オレのものをどう使おうとオレの自由」は良いでしょう。
          でも、だからといって、その行為の結果生じた事の責任を逃れる事は出来ないのです。

          オレの包丁を振り回したら、人を殺してしまった。包丁振り回すのはオレの自由だから、罪になるのは可笑しいって理論は成り立たない。
          「包丁を振り回す自由」とか「デジタルデータを扱う自由」は、「殺人罪」や「著作権侵害」を犯して良い理由には成らない。

          あなたの言うように、「自分の手元にあるデジタルコピーの扱いは自由で、その行為に伴って起きる現象はすべて正当化される」なんて事になると、大変では無いですか?
          #1343574の「自分の手元にある数値(=デジタルデーダ)は本来自由に複製交換出来るべきと考え、デジタルデータの公衆送信権の存在には異を唱える次第。」なんて事になれば、人権侵害のデータまで、自由に配布出来てしまいます。
          親コメント
          • 言論の自由があっても人権侵害は許されないのと同様に、デジタルデータ複製の自由もそうであるべきだとは思います。デジタルデータ複製の自由にも制限はあるでしょう。
            タイトルの「どんな」という部分は「基本的に」とするほうが適切かもしれません。

            被害といますが、著作権侵害による儲けが出ないという被害は、人権侵害や殺人のような被害と異なり、これまで儲かる仕組みがあったのがなくなってしまうという被害感にすぎません。そんな風に儲ける権利をそもそも無くしてしまえば被害は存在しないことになります。
            デジタルデータの複製が著作権侵害にあたるという認識に対して異を唱えているので、被害ですら無いということです。

            もちろん、現時点では違います。基本的人権や進化論が認められるまでに時間がかかったのと同様に、単なる数値の伝達、デジタルデータ複製の自由が浸透するには時間がかかるでしょう。

            親コメント
            • >被害といますが、著作権侵害による儲けが出ないという被害は、人権侵害や殺人のような被害と異なり、これまで儲かる仕組みがあったのがなくなってしまうという被害感にすぎません。そんな風に儲ける権利をそもそも無くしてしまえば被害は存在しないことになります。

              昔なら、ネットでの被害は、CD等の別媒体の売り上げの減少でしかありませんでした。
              しかし、最近では著作権のネット上での商売が行われていますので、実際に被害として捉える事が可能です。

              >デジタルデータの複製が著作権侵害にあたるという認識に対して異を唱えているので、被害ですら無いということです。

              そうなると、どうしてデジタルデータだけ特別視するのかという疑問が生じます。
              紙に印刷して海賊版を出す事と、勝手にデジタルで配布することは、権利者への損害は同じ物では無いですか?
              親コメント
              • >しかし、最近では著作権のネット上での商売が行われていますので、実際に被害として捉える事が可能です。

                現状は、デジタルデータの複製配布の自由が認められていない時代です。デジタル新時代への過渡期です。なので、デジタル著作物の存在自体の価値が高く維持できるので、商売が成り立っているに過ぎません。
                デジタルデータの複製配布の自由が認められる時代になると、今のような商売はそもそも成り立ちません。現状のような価格で売れません。もともと商売も成り立たちません。つまり被害も発生しません。
                暴力や殺人といった、肉体的精神的な破壊行為という被害とは根本的に違っていて、普遍的な被害では無いと言う事です。物品の窃盗や破壊というような所有状態を失うのとも異なります。産業が消えるだけの事です。

                デジタルデータが特別なのは、それが整数値に過ぎないからです。
                親コメント
  • by Anonymous Coward on 2008年05月13日 19時33分 (#1343348)
    100億円の損失を利益に転換する為には、売上にするということですね?
    つまり、P2Pでしか流れていないような旧作をも商品にする画期的な商業ムーブメント。

    P2Pにあるものは、買う事ができる!
    そんな体制にするわけですね。
    確かにそうすれば、著作権侵害が減少し、損失が利益になって幸せになれる気がします。

    まさか、著作権違反者の逮捕するだけして
    あとは放置なんて片手落ちはないですよね?

    お金は大好きなK^H...JASRAC様ですから期待していますよ!!
  • by Account-mochi Coward (34881) on 2008年05月14日 2時46分 (#1343614) 日記
    「悪用」が入ってなかったら入ってなかったで、「ファイル交換ソフト=著作権侵害専用ツールと決め付けるな」って文句をつける人が出てくるからねえ。

    現状はそう言いきって差し支えないとは思うけど。著作権侵害してないBittorrentの用途なんて、全体のトラフィックの一体何割やら。
    --
    署名スパムがウザい?アカウント作って非表示に設定すればスッキリさ。
  • by ksiroi (24990) on 2008年05月14日 10時38分 (#1343779) 日記
    メンツを見て「悪の枢軸」と言う単語が頭を掠めたのはボクが穢れているからですかね。

    // 構成員、って言いかたもアレゲですね(:>^
  • by YOUsuke (6796) on 2008年05月14日 13時11分 (#1343917) ホームページ 日記
    「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策悪用協議会」

    大切なことなので二回入れてみました。
    --
    妖精哲学の三信
    「だらしねぇ」という戒めの心、「歪みねぇ」という賛美の心、「仕方ない」という許容の心
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...