パスワードを忘れた? アカウント作成

脅迫メールの送信者情報は「通信の秘密」として守られる。最高裁判決」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2021年06月08日 21時47分 (#4047035)

    プロバイダが保存義務があるのは通信ログ(誰がいつ誰に送ったか)のみ。
    本文の保管義務はなく大抵のプロバイダは保管しない(もしくはごく短期)。
    つまりメール本文は送信者と受信者しか知らないわけで、メール本文なんていくらでもねつ造できて、ねつ造しても証拠が残らない。
    不特定第三者が見ている掲示板やSNSの書き込みとはそこが違う。
    メールを根拠にした開示請求が通るなら、本文をねつ造して片っ端から住所氏名の開示請求ができることになる。
    通信の秘密に限って「警察が裁判所の令状を取る」という手続き経由でないと開示されないのはちゃんと理由がある。

    ここに返信

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...