パスワードを忘れた? アカウント作成

JASRAC、結婚式での音楽利用に向けた著作権・著作隣接権使用料徴収の実証実験を行う」記事へのコメント

  • 身内の葬式でいわゆるセレモニーホールを使ったのだが、結構BGMが流れていた。故人の好きだった曲とか家族の思い出の曲もお願いすれば流してくれるとのことだったが、お任せにした。
    結婚式の楽曲に課金するのなら、葬式もそのうち課金されるんだろうな。
    • by Anonymous Coward on 2019年09月05日 17時22分 (#3680932)

      葬式の場合は業者が包括契約してるでしょ。
      多くの場合、葬式なんて急に予定が決まるんだから
      事前に申請しておくなんて非現実的だもんね。これはいいと思う。

      結婚式もそうしたらいいだけじゃないのって思うけどなあ
      ちょっとでも多く取ろうとして1催物当たりで計算したいだけなんじゃ

      • by Anonymous Coward on 2019年09月05日 18時27分 (#3680968)

        結婚式、結婚披露宴で曲を流すことについても包括契約を結んでいる業者は多いと思いますよ。

        今回のは曲を流すことではなく、曲を複製(録音、録画)することが対象。複製については曲ごとの契約しかなかったので、新たに包括契約を導入する実験という位置付け。

        • by Anonymous Coward

          結局「結婚式で曲を流す」際に必要な権利と「結婚式を録画して記念ビデオを作成して参列者に配る」などの際に
          そのビデオ内で曲を使用する権利が異なっていて、前者は式場側で処理しているけど、
          後者はまた別途手続きが必要だったのを一括でできるようにしただけなんだよね。

          葬式の場合も曲を流すことの権利処理は葬儀会社がやるけど、普通葬式を録画しておいて記念ビデオを作って配ったりはしないから
          基本後者は発生しないでしょうよ。

          • by Anonymous Coward
            いやこの先高齢化が進むと遠方の親戚や知人が集まる機会なんて葬式くらいしかなくなるわけで
            今でも集合写真くらいは普通だし
            今後はビデオで撮る人も増えてくるんじゃないのかねぇ

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...