パスワードを忘れた? アカウント作成

JASRAC、HDD内蔵レコーダなど私的録音録画補償金の機種拡大を政府に求める」記事へのコメント

  • とりあえずスマホで音楽を録音する人はイメージできないな。
    パワハラの証拠を録音するイメージはあるけど。
    そもそも今時の消費者は自分のデバイスでコンテンツ管理なんかせず、適法なストリーミングサービスか違法なストリーミングサービスで視聴してるだろ。(だからギガが足りないとか言ってるわけで)
    前者なら問題ないし、後者なら配信元をなんとかすべきであって私的録音録画とは関係ない。

    PCを対象というのも今となってはズレていると思う。
    スマホに押されてコンテンツ視聴デバイスとしては主役の座を降りて、今は事務用機器、もしくは開発用機器という感じ。
    USB

    • by Anonymous Coward on 2019年06月27日 22時21分 (#3641690)

      補償金不要の立場だけど、あえて補償金導入の立場に立つとしたら、
      iPhone等のデバイスに対してiTSで配信される音楽ファイルは現在はDRMが付与されないため、コピーし放題無制限コピー可能の状態にある。(Apple Misic除く)
      そのため、補償金を導入することで、権利者の権利を守ることができる。

      んでもね?
      Apple Music(DRMあり)とiTS(DRMなし)、もっと言うなら他社サービスその他を選べる状態な以上、iTS(DRMなし)での配信を望んでいるのであれば、コピーされることを前提として配信しているわけだから、コピーを許容している=コピーコントロールしていると言える(はず)。
      だからやっぱり、補償金は不要だと思う。

      ストリーミングサービスの一時ファイルに対してはおっしゃる通りかとおもいます。

      • by Anonymous Coward

        iTunes/Storeで配信されている音楽にはFairPlayというDRMがかかってますよ。
        m4aファイルをPCやAndroidスマホへ持っていけば聞けちゃうのは確かですが。

        iPhone同士だと、他の人のapple IDで購入した音楽ファイルを入れると、購入者のapple IDへのログインが求められます。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...