パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国でファーウェイによる特許訴訟を行えなくするための法案が提出される」記事へのコメント

  • 第一歩 (スコア:0, 興味深い)

    by Anonymous Coward

    某国は自分の考えを人に押し付ける尊大な国で好きではないが、自由と正義についてだけは立派だと思っていた
    某大統領になった頃から自由が損なわれていき、正義も損なわれそうってことなのかな

    となると、世界は力の時代になっていく
    となると、少数の力を持った人間とそれ以外の人間の戦いになる
    となると、崩壊する方向に進んでいくわけだ

    どこら辺で誰がブレーキ踏むのかね?

    • by bigface (47795) on 2019年06月19日 22時23分 (#3636758) 日記

      昔から米国は目的達成のためなら手段を問わない感じです。

      以前、イラクが大量破壊兵器持ってることを口実に米国主導で戦争したけど、
      大量破壊兵器みつからんかった。そしてブッシュ大統領が終結宣言だして
      ウヤムヤになりました。

      米国はいざとなれば手段を選ばない国ですし、中国共産党が屈服するまで何でもやると思う。

      // huaweiに関しては生き残る気がする。
      // 中国の他のゾンビ企業みたいに資金注入されて、国内と親中の国を相手にスマホ販売できそう。
      // 独自OSつくったらしいし。アプリがあるかは不明だけど。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        つまり、共和党の大統領は、気に入らない奴に根も葉もない因縁を付けるゴロツキの類いだと。

        • by Anonymous Coward

          逆に民主党の大統領は、親中。
          フランクリン・デラノ・ルーズベルト:(中国)国民党側に付いた。
          次のハリー・S・トルーマン:中国共産党側に付いて、朝鮮戦争で漸く己の愚行に気が付く(それでもダグラス・マッカーサーによる中国攻撃は止めさせる)。

          但し、リチャード・ミルハウス・ニクソンは例外的に親中の共和党員。

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...