パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

青空文庫、2019年にパブリックドメインとなるはずだった作家13名の21作品を紹介」記事へのコメント

  • 既存の著作権切れ作品を活性化する事が、推進派を肯定した人たちに一矢報いることになるのだろうね。
    恐らく近道のひとつはコミカライズかな。

    • by Anonymous Coward

      朗読なんて有効だと思いますよ
      昔はテープで配布するしかなかったけど
      今ならYoutubeでもニコ動でも公開するところなんていくらでもあるし
      目の不自由な人や、活字が読めない学習障害のある人でも楽しめます
      夏目漱石あたりの文章はいい演技の練習になるし
      本格的にやろうと思うと防音室が欲しいところだけど
      ダンボっち買うと7万ほどするんだよな
      住環境によっては近所迷惑だから河原や海岸でやれと言われそう…

      • by Anonymous Coward on 2019年01月07日 0時49分 (#3544105)

        ボイロでいいんでね?
        作成環境のハードルがかなり低くなると思う。
        これだと需要が盲に限らなくなるだろうし、朗読は案としては悪くはないよなぁ。

        ゆっくりがよむ「ドグラマグラ」・・・なんかもう既にありそだな。

        親コメント

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...