パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

青空文庫、2019年にパブリックドメインとなるはずだった作家13名の21作品を紹介」記事へのコメント

  •  保護期間が延びるとなぜまずいのかという根本的なところは、著作権のせいで複製なり電子化なりの処置が執れなかった作品が忘れられ、原本が痛んだり紛失してしまったりで失われてしまうから。
     電子化というのは物理的な所蔵限界を事実上無限にまで広げてくれる大変有効な技術なんだけど、それを阻害する不必要に長い著作権保護期間は有害だと言われてるわけ。

     なので、一番危険なのは主な作家として名前が挙がってこないけどアーカイブ対象にはなるタイプのそこそこの知名度の作家の作品なんだよね。

    • by Anonymous Coward

      バックアップは国がやれば良い訳で
      個人に複製の権利を与える理由にはなりません

      アーカイブは国会図書館が電子化すればいいし,実際その方向で作業がすすんでいます

      • というか著作権法第31条2項で電子バックアップの権利は国会図書館限定で認められているから
        それ以外の図書館や事業者が行なうのは違法なんだよね。
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          保存だけが目的なら第31条第1項第2号がありますね。

          全ての蔵書が電子書籍という私設図書館「みる会図書館徳島館」があって、貸出せずに館内で閲覧するだけなら、第31条第1項第2号と「同一構内における通信は公衆送信には該当しない」ということで著作権侵害にはあたらないと判断しているらしい。原本を保管するスペースはないのでデジタル化して原本は破棄することが保存のために必要、というロジックだと思う。微妙な線だとは思うけど、著作権侵害とも言い切れない。

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...