パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

青空文庫、2019年にパブリックドメインとなるはずだった作家13名の21作品を紹介」記事へのコメント

  •  保護期間が延びるとなぜまずいのかという根本的なところは、著作権のせいで複製なり電子化なりの処置が執れなかった作品が忘れられ、原本が痛んだり紛失してしまったりで失われてしまうから。
     電子化というのは物理的な所蔵限界を事実上無限にまで広げてくれる大変有効な技術なんだけど、それを阻害する不必要に長い著作権保護期間は有害だと言われてるわけ。

     なので、一番危険なのは主な作家として名前が挙がってこないけどアーカイブ対象にはなるタイプのそこそこの知名度の作家の作品なんだよね。

    • by Anonymous Coward

      原本が痛んだり紛失したりしたときに備えてバックアップを作るのが複製権侵害だと主張するのか?

      • by Anonymous Coward

        その「バックアップ」を公衆配信したら複製権侵害になるだろ。
        パブリックドメインに帰属させることのメリットは不特定多数が違法性を気にすることなく複製できることにあるので、
        たとえ個人ベースでバックアップ作れても所有者が忘却する、もしくは死ぬことでこの世から消えてしまう。

        • 「なぜまずいのかという根本的なところ」ならバックアップをとるという対策があると指摘しているだけだが。その程度の対策をする気もないなら、所詮その程度のまずさだってことだよね。忘却なんてのは論外で、バックアップの記録を残すこともできないのかと。所有者が死ぬ問題は相続すればいいだけ。

          つーかそれ以前に、出版されたものなら国会図書館に残っていることが期待できるわけだが。

          親コメント

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...