パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

青空文庫、2019年にパブリックドメインとなるはずだった作家13名の21作品を紹介」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2019年01月05日 23時27分 (#3543856)

    それにより若い読者が結構増えてきて(いままでは高い全集とかじゃなきゃ手に入らなかった)論評もされ、
    ある意味幸せかもなあ。

    • by Anonymous Coward
      人類共有の財産になる、というのはまさにそういうことなんでしょうね。

      権利切れになるまでは、ごく一部の例外的な有名作品以外は
      かなり限られた範囲の人々しか触れない。

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...