パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国では2019年1月に20年ぶりに新たな「著作権保護期間切れ」作品が生まれる」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    もう無料での著作権保持は50年くらいできれるようにして
    後は保持し続けたい人/企業は有料で保持出来るようにきりかえよよ。

    このままだとディズニーが倒産でもってしないかぎり永遠に延長され続けるだけだろ

    • 10年でも良い気がするし、無償でも、期限内に権利者が権利主張をしていたらそこから10年という事でも良いと思う。
      文化継承がされるようにするためならば、
      権利者が継続して利用したいなら長く認めて、権利者が忘れているようなものなら、早く再利用可能にというような考え方のほうがいいんじゃないかな。

      • by Anonymous Coward

        財産権はそれでもいいけど、人格権の方は、最低限本人が死ぬまでは権利は継続してないとまずいと思う。

        死んだ後は、デフォルトで20年ぐらいにした上で、税金払うと無期限で継続できるようにするのが妥当だ

        • by Anonymous Coward

          人格権は永遠だよ。

          • by Anonymous Coward

            規定がないというのを「永遠」と解釈してもいいけど、実際には財産権とセットで扱われてる事が多いから

            • by Anonymous Coward

              解釈も何もたとえ財産権が売却されたとしても
              誰が作ったかの作者名が、作成してもいない売却相手の名前に変わるわけないんだけど。
              作者の名前は死のうが著作権の存続期間が満了しようとも、永久に変わることはないよ。

              • by Anonymous Coward on 2018年12月26日 15時49分 (#3539948)

                名前さえ表示されてりゃ人格権はOKと思ってるんだったらそら間違いやぞ

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                人格権が財産権とセットで扱われるって話はおかしいってこと。
                確かに同一性保持権は別に不行使条項がなくても翻案権を譲渡した時点で事実上使えないし、
                公表権だって公表できない著作物を買おうなんて人はいない。
                だから著作者の名前は著作権が移動しようとも永遠に変更されることはないというのが一番のキモ。

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...