パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

青空文庫、2018年にパブリックドメインとなった作家28人の28作品を公開」記事へのコメント

  • 広辞苑の著者って最新版でも新村出になってるけど(岩波書店のサイトで確認)
    これって出るなりパブリックドメインってことなのかな
    • by Anonymous Coward on 2018年01月20日 0時43分 (#3347887)

      裁判になって実際の著作権者は岩波書店と見なされて敗訴、のパターンな気がする。
      著作権者が新村出という言い訳は通らなそう? 何かやり方はないかな?
      広辞苑初版からの改訂項目をリストアップして、クリーンルーム設計で独自追加するとか?
      それが簡単にできるなら辞書改訂が騒ぎにならんわな。
      でも現在と記述が変わってない項目を抜き出したサブセット辞書とかは面白そう。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        わざわざ新刊なんて使わずに広辞苑の初版 [ndl.go.jp]ならいいんじゃない?1955年発行だから2006年には岩波書店の権利は消滅している。著者の保護期間も満了したのならPD。
        第2版 [ndl.go.jp]は1969年発行だからあと2年は必要

      • by Anonymous Coward

        > 裁判になって実際の著作権者は岩波書店と見なされて敗訴、のパターンな気がする。

            新村出さんとの契約次第な気がするけどなぁ、
        ガンダム作品が、全部 富野 由悠季原作、みたいなものじゃないかと。

        • by Anonymous Coward
          契約次第って言っちゃうと、第三者にとってはそんな契約関係ねーよという話になってしまう
          奥付かどこかに真の著作権者は岩波書店の編集部であるとか書いてあるのかね
      • by Anonymous Coward

        法人が著作権者なら発刊50年で切れるんじゃねーの?
        少なくとも法人が存続してる限り永久ってこたないだろ

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...