パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

人気ロックバンドGLAY、結婚式での楽曲使用に関する著作隣接権を無償提供すると明言」記事へのコメント

  • この方たちの曲がどのようなものであるかはよく存じ上げません。

    ただ、最近、「これ、明らかに結婚式で新婦友人が出し物に使うために作ったやろう」って想像する曲ありますね。

    ああいう曲は彼女達がカラオケで練習する度に、お金が落ちていくわけで、「チャリーン」という空耳が聞こえてきてなりません。

    • by Anonymous Coward

      音楽というのはそれだけ普遍的で、人間の生活と切っても切り離せないものだと言うことです。
      音楽がなければ人間の文化活動としての生活は成立しません。
      冠婚葬祭、日常生活、あらゆる場面で音楽は欠かせません。
      また、世界を見ても、文化的に未熟な民族であっても音楽か、それに近しいものを持っています。

      • by Anonymous Coward on 2017年12月11日 16時03分 (#3327625)

        >音楽がなければ人間の文化活動としての生活は成立しません。

        聴覚障害者が文化活動するのも難しそう
        体でリズムをとるくらいか

        親コメント
        • by manmos (29892) on 2017年12月12日 10時08分 (#3328113) 日記

          私は以前、聾唖学校のクリスマスパーティに出演したことがあります。

          彼等は肘を固定物につけ、その手を耳の下当たりにつけ音楽を楽しんでいました。

          私たちも強めのビートのインスト曲を選択しました。とても喜んでもらえたのが印象的でした。

          #珍しくドラムがモテる。動きも派手だし。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          ピアノをかじって音を聴けば良いのです!

        • by Anonymous Coward

          映画陽のあたる教室 [wikipedia.org]で、息子が先天性の聴覚障害を持つ音楽教師が、息子たちに音楽を楽しんでもらうために照明の明滅でリズムを体感できるなどの工夫をしていたような。工夫だいじ。

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...