パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米控訴裁判所、侮辱的な表現を含む商標登録の拒否は憲法違反との判断」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2015年12月27日 19時24分 (#2941428)

    使い所次第でただの言葉にも侮蔑語にもなるような言葉をNGワードにしてたら、何でもかんでもダメになる

    • あ、このslantて、「スラントノーズ」のスラントかい!

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      そこで文脈を判断して、ということなのだろうが、今回のような自称しちゃう場合とか、区別が難しいところは多そう。

      • 今回は侮辱語と解った上で自称してるわけで、「アジア系特有の身体的特徴をさす用語が侮辱語になっている」というのがネーミングのスタートラインですからね。。。
        得意のダンスパフォーマンスで好印象とともに露出させることで言葉のイメージそのものをひっくり返そうという試みは言葉狩りなんかよりよっぽど良いと思いますが、今回の用法では少なくとも登録の段階においては侮辱語であることは間違いないと思うんですよね。

        # 今回のケースは言葉狩りの法律と積極的に言葉の印象を変えていく運動の相性が悪いって事か。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          > 今回は侮辱語と解った上で自称してるわけで、「アジア系特有の身体的特徴をさす用語が侮辱語になっている」というのがネーミングのスタートラインですからね。。。

          もし文脈に依存した判断があっていいのなら、むしろ、侮辱目的ではないのだからOKという判断になってほしいところ。
          侮辱語を使うことが悪いんじゃなくて、人を侮辱することが悪いんだから。

          • by Anonymous Coward

            欠損者ダンスグループ「かたわ」(あえてひらがな)というのが許されるか、みたいなものか。
            「こじき」や「めくら」だとちょっと難しいな。
            「支那」は「支那そば」とかあるのに全然復権できないな……今や変換候補からも排除されかかってるし。

            #ふと思い出した実在する脳性麻痺お笑いコンビは「脳性まひブラザーズ」だった。これはただの病名だからちょっと関係ないが。

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...