パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国が主張している「著作権侵害における実際の損害額以上の損害賠償請求」、TPPで認められる方向との報道」記事へのコメント

  • 解釈が曖昧でうやむやのうちに有罪にする代わり、非親告罪で訴える側もパテントゴロに悪用されないよう空気を読んで、業界を守る方向にしかふりかざさない。
    というのが今の著作権運用の原則。

    なので、罰金が世界一高いと言う話はあんまり知られていない。

    いざ振りかざす時には、賠償すれば良いという話に収まらなくなってるので重い刑事罰と罰金を課すことでバランスをとっているはず。

    もし、今の罰金レートをベースに法廷賠償金、さらに非親告罪化なんぞ定めようものなら、著作権ゴロ天国になる危険性がある。

    その辺踏まえて問題を考えていただきたい。

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...