パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米連邦最高裁、国外で出版された教科書の頒布権消尽を認める判決」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    出版社が米国外エディションをなくす・値上げするなどしてタイ人が苦しむことになるのかな?

    • by Anonymous Coward

      まだ原文を読んでいないので雑感なんですけど・・・

      A.自分で使う為にタイで購入した教科書をアメリカで売却した。(個人的に購入したものを売却)
      B.利益を得る為に日常的にタイで購入>アメリカで販売を行った。(商売目的)

      のどちらなのかでだいぶ感触が変わりますよね。
      販売目的なら頒布権消尽とか言われない気がするのでAなんでしょうか。

      #Bの場合に頒布権消尽なんていわれたら、物価が安い国の輸入教材とか軒並み値上がりするんじゃ;

      • by Anonymous Coward

        まだ原文を読んでいませんが、
        知的財産権(著作権など)絡みの場合、少なくとも日本における解釈では、
        頒布権が消尽する・しないは、
        入手の目的によって変わるものではなく、
        権利そのものの性質によるものです

        「権利そのものの性質による」とは:
        特許: (目的によらず、)技術等を独占できる・許諾できる
        著作権: (目的によらず、)表現を独占できる・許諾できる
        など

        • by Anonymous Coward on 2013年03月20日 20時50分 (#2347045)

          まだ原文を読んでござらぬが、下の還流CDの条項は目的(頒布する目的をもつて)を定めてます。
          米国の事情は知らんが、学術出版は出版社側も勉強していることが多いので還流されちゃたまらんというのは理解できます。

          親コメント

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...