パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

特許って世のためになってる ?」記事へのコメント

  • 特許制度そのものの問題ではなくて、運用の問題じゃないのかな、と思う自分がいます。

    個人的に感じる疑問点はCNETの記事でほぼ網羅されていて、技術者としての自分は主張に大いに賛同できるのですが、自分の別の部分はいまひとつ納得しきれていません。
    例えば、リンク先の初っ端で「特許不要」とされている医薬品は、特許が必要な分野の一つだと思うけどなあ…。

    まあ、いずれにせよいきなり特許制度をなくせというのは無理な話でしょうし、できるところから改善してもらうのは良いこと。現状はしょーもない特許が多すぎる。

    • by Anonymous Coward

      >例えば、リンク先の初っ端で「特許不要」とされている医薬品は、
      >特許が必要な分野の一つだと思うけどなあ…。

      個人的にはそれほど必要とは思えないです。
      (研究者の立場ではなく、一般ユーザーの立場からすると)

      ・「医薬品が研究開発が盛ん」という知識は持っている
      ・他社が特許を持っている場合、(なんらかの契約をしないかぎり)生産できない
      ・その他社の生産能力が小さかった場合、薬の生産量が少なくなる
      ・薬が不足したり、薬の単価が上がり一般人が購入できなくなる

      というようなことを考えてしまいます。

      • by Anonymous Coward on 2009年08月17日 11時41分 (#1623688)

        新薬の開発に大金をかけ、他に先立って開発を行うのは、それで利益が得られるから。
        特許による保護がなくなれば、薬の開発に関連する情報は企業内で厳重に秘匿されるだろう。

        したがって、今以上に、新薬は開発した会社でしか生産されないという状況が増えると思われます。

        親コメント
        • >新薬の開発に大金をかけ、他に先立って開発を行うのは、それで利益が得られるから。

          特許制度がある場合には、開発の費用が利益を越えないという限定なんだよね。
          特許制度がない場合には、より多くをより売れるという場合に限定なんだよね。

          >特許による保護がなくなれば、薬の開発に関連する情報は企業内で厳重に秘匿されるだろう。

          特許制度がなくなった場合、秘匿して隠蔽が出来ることという限定になりそうだね>開発会社のみで生産
          で、問題はそれが遺漏しないか?(製品について逆解析とか、情報漏洩とか)になるだろうね。

          わたしは、生産能力が高くて、より隠蔽性の高い製品を作れる会社のみが特許なし制度の恩恵を受けると思う。
          特に薬なんかの場合ではね、安くてよい製品で市場を席巻できて、第三者介入がほとんど無理な市場を作れる会社ということになりそう。

          「今現在強い会社」のみが特許なしの恩恵を享受できて、他は無理という状況が作られかねないと、考える。

          つまり、独占をより強くできる会社の牙をむかせることになると危惧しています。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            >特に薬なんかの場合ではね、安くてよい製品で市場を席巻できて、第三者介入がほとんど無理な市場を作れる会社ということになりそう。
            薬の場合は絶対に無理でしょう。配合を秘密にしたまま行政機関の認可が下りるとは思えません。

            • >薬の場合は絶対に無理でしょう。配合を秘密にしたまま行政機関の認可が下りるとは思えません。

              なぞの魔法の薬(保険が効かないので高く売れる)が出回るぞ

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                そんなことしたら、しっかり認可受けて保険適用になったライバル社の薬しか売れなくなりますよ。
                だいいち、飲み合わせのタブーもわからない薬なんて怖くて飲めませんって。

              • >そんなことしたら、しっかり認可受けて保険適用になったライバル社の薬しか売れなくなりますよ。

                話の前提:製法の隠蔽(が上手くいっている)

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                ライバルは研究をしていないとでも?

              • Re: (スコア:0, フレームのもと)

                >ライバルは研究をしていないとでも?

                ライバルが研究していると何か?
                研究して作れたら売ればよろしい。
                また、話の前提を理解できていないみたいだね、君は

          • by Anonymous Coward
            隠匿って、実際に物が市場に出て医師の処方で手に入るようになってしまえば 全く意味がない
            製造工程にノウハウの詰まっている工業製品と混同しているのでは?

            医薬品の薬効成分はそれほど複雑な有機化合物ではないケースが大半で 一旦市場に出てしまえばそれを分析して同じ物をつくることは 基本的な有機合成の技術と設備があれば早くて半年程度で可能

            だから薬の特許は製法特許ではなく物質特許になっている

            特許がなくなれば新薬は間違いなく全滅する

            ちなみに臨床フェーズ1から上市までは大雑把に1/10、探索・前臨床から なら1/100の確率なので1つの薬の裏には失敗作が100個あると思ってよい

            期間は前臨床~申請で8年から12年、そこから認可がかかるので一般に 現行特許制度で利益が出るのは10年少々、近年2国間申請などで多少 楽にはなっているが、1つの薬を複数の国で販売するのは更に時間がかかる

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...