パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

特許って世のためになってる ?」記事へのコメント

  • 特許制度そのものの問題ではなくて、運用の問題じゃないのかな、と思う自分がいます。

    個人的に感じる疑問点はCNETの記事でほぼ網羅されていて、技術者としての自分は主張に大いに賛同できるのですが、自分の別の部分はいまひとつ納得しきれていません。
    例えば、リンク先の初っ端で「特許不要」とされている医薬品は、特許が必要な分野の一つだと思うけどなあ…。

    まあ、いずれにせよいきなり特許制度をなくせというのは無理な話でしょうし、できるところから改善してもらうのは良いこと。現状はしょーもない特許が多すぎる。

    • by Anonymous Coward on 2009年08月17日 11時25分 (#1623672)

      >例えば、リンク先の初っ端で「特許不要」とされている医薬品は、
      >特許が必要な分野の一つだと思うけどなあ…。

      個人的にはそれほど必要とは思えないです。
      (研究者の立場ではなく、一般ユーザーの立場からすると)

      ・「医薬品が研究開発が盛ん」という知識は持っている
      ・他社が特許を持っている場合、(なんらかの契約をしないかぎり)生産できない
      ・その他社の生産能力が小さかった場合、薬の生産量が少なくなる
      ・薬が不足したり、薬の単価が上がり一般人が購入できなくなる

      というようなことを考えてしまいます。

      親コメント
      • Re:制度の問題かな? (スコア:3, すばらしい洞察)

        by astro (17245) on 2009年08月17日 11時43分 (#1623690) 日記

        この意見は、医薬品の開発にかかるコスト(お金だけでなく人も)を無視して
        いますね。製薬会社が、巨額の研究費と研究人員を投じて新薬の開発を行うの
        ですから、その投資の回収が担保されなければ、あまりにリスクが高くなって
        しまい、新薬の開発をする企業がなくなってしまいます。

        リスクに応じたリターンを担保する意味で、特許制度は必要ではないでしょうか。
        問題があるのは制度ではなく、運用にあるのです。

        ・あまりに独占的な権利を与えすぎていること。
        ・期間が画一的に定められていること。

        発明者は、他者に特許を使わせないことができますが、これは本来の特許の目的で
        ある「知の共有」に反します。したがって、正当な理由なくしてライセンス拒否を
        認められないようにするべきでしょう。また、どんな技術でも特許の期間が画一的に
        定められているため、技術開発の早い分野では、それが足かせになりかねません。
        分野や内容によって特許の期間を可変とするべきでしょう。

        親コメント
        • by s02222 (20350) on 2009年08月17日 14時35分 (#1623878)
          クスリ業界だと逆にオーファンドラッグ [wikipedia.org]のような形で、独占を普通より多く認めてやるから頼むから研究開発してくださいおまえら、みたいな制度もあるようですね。
          親コメント
        • 医薬品の特許は必要不可欠と言われてますね。

          「医薬品の開発にかかるコスト(お金だけでなく人も)を無視して
          いますね。製薬会社が、巨額の研究費と研究人員を投じて新薬の開発を行うの
          ですから、その投資の回収が担保されなければ、あまりにリスクが高くなって
          しまい、新薬の開発をする企業がなくなってしまいます。」
          というのが特許の本来の趣旨。

          得に医薬品などは研究開発に長い期間と莫大な先行投資が必要であり、しかも出来た
          医薬品や原材料を分析すれば、遥かに安いコストで類似品を作ることができます。
          少なくともそれと同じ成分の医薬品を作ることさえできれば、効能と副作用が
          同程度の薬になること
          だけは確実なのですから。(通常はどのような効能があるか
          さえよくわからない。『神と悪魔の薬』サリドマイドだって、最初は睡眠薬だったのだ。)

          だからもし特許で守られなければ誰も研究開発などしなくなるし、製薬会社はすべて
          倒産するでしょう。

          これに対してソフトウエア特許やアルゴリズム特許は『思いつく』だけならほとんど費用が
          かからず、しかも似て非なる「発明品」は無数に存在します。このような中では裁判は泥沼に
          なりやすく費用はうなぎ登り。その結果、ソフトウエア特許は先行者を守るための役には立たず、
          儲かるのは特許ゴロだけという状況になっているのは、ソフトウエア業界の人間ならよく
          ご承知の通りです。

          だからソフトウエア業界の人間が多いスラド民にとって、特許が極めて悪い印象を
          持たれるのもムリはないと思いますが、少しは他の業界にも目を剥けてやって下さい。

          建設業界の例えでソフトウエア開発を理解するのが大間違いであるように、
          ソフトウエア開発の例えで新薬研究を理解するのもまた間違いなのです。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          特許制度がなければ漏洩か意図的に公開しないかぎり、永遠に公開されない
          技術や知識が一定期間を過ぎれば自由に使えるようになるわけで、
          このメリットは大きいです。

          技術がない途上国企業もこういう公開された技術を元に製品を
          作ってるところがたくさんあります。
          そしてそれは彼らの国の生活にも大いに役立っているわけです。
          特許制度がなければ実現されなかった、または実現が遅くなって
          いたと思います。

          >開発をする企業がなくなってしまいます
          この辺がポイントですね。
          重要なのは法律の他に、実際の運用なのは先のコメントのとおりです。
          法律を守る人も、守らせる人もいなければ全く無意味です。

          • by Anonymous Coward

            現行の特許制度の中でも、RSA社は特許による保護が17年しかないことを嫌ってRC4を特許出願せず企業秘密としていたらしいですね。

            単純に特許システムを取っ払っても、特許回避に頭を悩ます現状が、企業秘密ガチガチの他社製品を如何に模倣するかに頭を悩ます状態に取って代わるだけでは?

        • by Anonymous Coward

          タレコミのリンク先にある主張には一定の説得力(筋が通っていると思う部分もあったし、話の持っていき方が上手いと思う部分もあった)を感じましたが、制度と運用どっちで対応するかという話であれば後者の方が無難でしょうね。

          投資回収の担保は特許以外の制度でやるべきだという議論はアリだとは思うし、現実をすべて忘れて頭の中だけで考えれば、たとえば「新薬を開発する会社」と「薬を製造する会社」をスッパリ分けて、患者が払った薬代が開発元にいくら製造元にいくらと流れるようにするとか、いろいろ考えられはするんですが、制度を根元から再構築するには既

      • Re:制度の問題かな? (スコア:3, すばらしい洞察)

        by teratera (19792) on 2009年08月17日 12時23分 (#1623741) 日記

        『特許によってある程度情報が公開されるから、後発医薬品を作れる』というメリットがあると思います。
        情報がないところからReverse engineeringできなくもないけど、そうした場合は先発医薬品との整合性が一切保障されないので、先発医薬品並みの治験を必要とし、後発の『安価』というメリットが消滅します。

        #ついでに、医薬品で生産能力が追いつかないっていうのは極々稀です
        #いわゆるブロックバスターと呼ばれるドル箱医薬品は、糖尿病薬とか高血圧系の薬が多く、継続して使用されるために在庫管理がものすごく厳格で、在庫が切れる=他の製品に乗り換える って事を意味しますので。
        #尤も、某インフルエンザ治療薬みたいな例外もありますけど。

        医薬品といえば、つい最近までインドでは物質特許が認められてませんでした(製法特許はありました)。
        そのため、医薬品の製造と言っても後発医薬品しかインドではされてませんでした(特許で保護されないから、真似しても罰則がないので、怖くてできない)。
        物質特許が認められるようになって、初めて医薬品の研究開発に本腰を入れられるって感じでしょうか。

        他のコメントにもあるように、研究して開発した成果には対価が必要です。でないと産業が発展していきませんし。
        不毛な特許対策をなくしたい気持ちもよく判りますけど、現状ではこれといった良案が見当たりません。

        #ちなみに、日本の特許DBへのアクセスが最も多いのはC国だそうです。
        #そのデータから自国に出願して、成立させてしまうというのがよくあるとか。
        #特許制度がない場合にこれがもっとエスカレートするのかなと思ったら、現実的な解として現行の特許制度は悪くない気がします。

        親コメント
      • Re:制度の問題かな? (スコア:1, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2009年08月17日 11時33分 (#1623681)

        それはたぶん薬などの医薬品の開発の中身を知らないからだと思う。
        薬の開発はものすごいお金が掛かかるので、開発に成功したものを保護しないと
        誰もあたらしい薬を作れなくなる。それでも特許で保護される 25 年(だったっけ?)のうち
        特許取得後に認可され販売まで持って行くのに 15 年程度かかるので、回収できるのは 10 年程度。
        医薬品の場合は安全確認のための治験など他の工業製品とはちょっと条件がちがうので
        独占的に販売できる権利がなくなったら誰も開発に必要なお金を回収できず、
        新薬はもう作られなくなる。

        親コメント
        • by hishakuan (32621) on 2009年08月17日 12時15分 (#1623731) 日記

          薬だけじゃないけど特許権の存続期間の延長制度 [jpo.go.jp]は今いろいろ話し合ってますね。
          承認が下りないと特許の実施が出来ない場合、その間は実質的に特許権の期間が短くなる。
          まあ長いのだけ見ても制度としてはおかしいし、一回の議事録だと
          >過去5年間の期間延長出願の延長期間は、農薬分野で3年4月、医薬品分野では3年10月でございます。
          四回の議事録だと、
          >自家培養表皮につきまして平成19年に1件ほど承認実績がございました。こちらは臨床試験期間を含めると承認まで約6年かかっています。しかしながら、このケースは極めて異例なものであったため承認までに時間を要したということが薬事法上の審査報告書にも記載されており、この具体的事例は個別事情を多く含むと認められます
          みたいな感じなので、15年と一般化するのは長すぎない?
          ここから販売までで時間がかかるのかな。

          親コメント
        • by Anonymous Coward
          実際に採算の見込みが立たず開発中止になったTAK-242 [livedoor.jp]のような例もありますから、仮定の話でなく現実になりかけてますね。
      • by Anonymous Coward

        新薬開発にはとんでもない額のお金がかかります。特許により開発後一定期間の独占を認めることによって新薬開発するインセンティブを与えているわけです。

        要は新薬開発コストをどうやって捻出するかという問題ですが、特許をやめた場合、私企業はどこも開発できませんから、結局税金でやるということになります。

        もちろん今の状況が最善とはいいませんが、新薬開発のコストは結局どこかから出さなければならないわけです。話は単純じゃありません。

      • by Anonymous Coward

        新薬の開発に大金をかけ、他に先立って開発を行うのは、それで利益が得られるから。
        特許による保護がなくなれば、薬の開発に関連する情報は企業内で厳重に秘匿されるだろう。

        したがって、今以上に、新薬は開発した会社でしか生産されないという状況が増えると思われます。

        • >新薬の開発に大金をかけ、他に先立って開発を行うのは、それで利益が得られるから。

          特許制度がある場合には、開発の費用が利益を越えないという限定なんだよね。
          特許制度がない場合には、より多くをより売れるという場合に限定なんだよね。

          >特許による保護がなくなれば、薬の開発に関連する情報は企業内で厳重に秘匿されるだろう。

          特許制度がなくなった場合、秘匿して隠蔽が出来ることという限定になりそうだね>開発会社のみで生産
          で、問題はそれが遺漏しないか?(製品について逆解析とか、情報漏洩とか)になるだろうね。

          わたしは、生産能力が高くて、より隠蔽性の高い製品を作れる会社のみが特許なし制度の恩恵を受けると思う。
          特に薬なんかの場合ではね、安くてよい製品で市場を席巻できて、第三者介入がほとんど無理な市場を作れる会社ということになりそう。

          「今現在強い会社」のみが特許なしの恩恵を享受できて、他は無理という状況が作られかねないと、考える。

          つまり、独占をより強くできる会社の牙をむかせることになると危惧しています。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            >特に薬なんかの場合ではね、安くてよい製品で市場を席巻できて、第三者介入がほとんど無理な市場を作れる会社ということになりそう。
            薬の場合は絶対に無理でしょう。配合を秘密にしたまま行政機関の認可が下りるとは思えません。

            • >薬の場合は絶対に無理でしょう。配合を秘密にしたまま行政機関の認可が下りるとは思えません。

              なぞの魔法の薬(保険が効かないので高く売れる)が出回るぞ

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                そんなことしたら、しっかり認可受けて保険適用になったライバル社の薬しか売れなくなりますよ。
                だいいち、飲み合わせのタブーもわからない薬なんて怖くて飲めませんって。

              • >そんなことしたら、しっかり認可受けて保険適用になったライバル社の薬しか売れなくなりますよ。

                話の前提:製法の隠蔽(が上手くいっている)

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                ライバルは研究をしていないとでも?

              • Re: (スコア:0, フレームのもと)

                >ライバルは研究をしていないとでも?

                ライバルが研究していると何か?
                研究して作れたら売ればよろしい。
                また、話の前提を理解できていないみたいだね、君は

          • by Anonymous Coward
            隠匿って、実際に物が市場に出て医師の処方で手に入るようになってしまえば 全く意味がない
            製造工程にノウハウの詰まっている工業製品と混同しているのでは?

            医薬品の薬効成分はそれほど複雑な有機化合物ではないケースが大半で 一旦市場に出てしまえばそれを分析して同じ物をつくることは 基本的な有機合成の技術と設備があれば早くて半年程度で可能

            だから薬の特許は製法特許ではなく物質特許になっている

            特許がなくなれば新薬は間違いなく全滅する

            ちなみに臨床フェーズ1から上市までは大雑把に1/10、探索・前臨床から なら1/100の確率なので1つの薬の裏には失敗作が100個あると思ってよい

            期間は前臨床~申請で8年から12年、そこから認可がかかるので一般に 現行特許制度で利益が出るのは10年少々、近年2国間申請などで多少 楽にはなっているが、1つの薬を複数の国で販売するのは更に時間がかかる

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...