パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

和解後も違法コピーされたソフトウェアを使い続けた企業に、定価の2倍の損害賠償」記事へのコメント

  • レンタルビデオの長期延滞なんかだと上限は新品購入額相当と聞くけど、今回の場合の「2倍請求」の法的根拠はなんだろう。
    調停だから契約の問題で、2倍であることに特に理由はなくて、裁判所が認めれば3倍でも5倍にもなりうるのかな?

    • Re: (スコア:4, 参考になる)

      by Anonymous Coward

      > 今回の場合の「2倍請求」の法的根拠はなんだろう。

      「前回の和解時の調停内容」でしょ。

      タレコミにもリンクされているBSAのリリース記事に、

      | 本件は、和解後に違法コピー再発という悪質なもので、和解時の違約金条項である
      | 正規品小売価格の2倍の損害賠償が適用された事案です。

      と、明記されてるわけだし。

      しかし、おまいらそんなにリンク先読むのが嫌ですか。

      • Re: (スコア:-1, フレームのもと)

        読んだよ。
        で、前回の和解時の調停内容が「正規品小売価格の2倍」だった法的根拠はなんですか?
        それを聞いてるんだけど、リンク先のどこに書いてありますか?

        • by Anonymous Coward on 2009年08月15日 19時04分 (#1623123)

          あの...だから、「法的根拠」は
            再違反した場合に「正規品小売価格の2倍の違約金」を支払う
            という調停内容で和解したこと
          だろ。

          > それを聞いてるんだけど

          どんな算定基準だろうが和解に応じた時点で法的効果は発生するわけだが。

          ひょっとして「法的根拠」ではなく
            前回の調停時に「違約金を正規品小売価格の2倍」とした「算定基準」
          を聞いてるの?

          まず、前のコメントのどこをどう読んだらそう解釈できるか説明してくれ。
          でないと逆切れにしか見えん。

          親コメント

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...