パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ACCSやJASRACらが「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」を設立」記事へのコメント

  • デジタルデータの内容しだいでコピーや交換が許されたり許されなかったりするという事自体が根本的に間違っている。
    暗号化して視聴制限をしたければすればいい。破られたら破られたほうが悪い。
    デジタルデータで稼ぎたいのであれば、がんばって解読されない仕組みを作ればいい。

    デジタルデータはただの大きな数値に過ぎないのだから、コピーとは値を伝えたに過ぎない。
    すべての数値はすべての人のものだ。
    それを記録し伝えるのは、すべての人が有する権利であるべきだ。

    • 何か勘違いしてるんじゃ無いかな?
      デジタルデータの複製全般について問題にしてる訳じゃないんだよ。

      デジタルかどうかが重要なのではなく、著作物という権利者の存在するデータだから、問題になってるんですよ。

      ピッキングによる空き巣という犯罪について、「空き巣」という家宅侵入や窃盗を抜きにして、ピッキングだけの是非を論じてるのと同じです。

      扉を開ける事を禁止する事が許されたり許されなかったりする事自体が根本的に間違ってる。
      鍵をかけたければすればいい、鍵がこじ開けられたら、こじ開けられたほうが悪い。
      家の安全を守りたいなら、がんばってこじ開けられない鍵を作ればいい。

      って理論で、空き巣を正当化できますか?

      鍵をこじ開ける事が問題なのではなく、侵入したり盗んだりする事が問題なんですよ。

      著作権の侵害を抜きにして、デジタルコピーだけを論じても意味は無いんです。
      親コメント
      • デジタルデータを物質的な物の窃盗と比較している時点で大きな間違い。

        デジタルデータの複製を「盗む」という物質的な物を扱っていた時代の概念に囚われて考えているのが間違い。
        物質的な物の窃盗や破壊の罪は、相手が「所有している状態」から「所有していない状態」へ遷移させる事です。
        物質の存在位置を移動する事で「所有していない状態」にすることを窃盗と呼んだし、物質を破壊する事で「所有していない状態」にすることも罪と考えた。物を所有する権利を社会が定めることで治安維持を図ったに過ぎない。

        ファイル共有はどこにも侵入していないし盗んでいない。相手の「所有している状態」も変えていない。
        自分の手元にある数値データにどのような算術処理をかけようと、他人の管理領域への鍵を「こじ開けた」とは私は考えない。手元にある数値データは自分の物だからだ。

        空き巣がかぎをこじ開けるときのような、土地への侵入、錠や戸の破壊行為、相手の所有状態を非所有状態への遷移といった事象は起きていないので、そもそも例えとして適切ではない。

        自分の家のなにひとつ物が減っていない状況を窃盗と例えるのですか?
        親コメント
        • いや、権利を侵害してる時点で、相手の利益を侵害してる。
          窃盗も何が悪いかというと、相手の損になるから悪いことなのですよ。
          根本的には一緒。

          見えない物は無いものとして考えるからおかしな事になる。

          人権とかも否定するほうですか?

          >自分の家のなにひとつ物が減っていない状況を窃盗と例えるのですか?

          例えば、電気の窃盗が一番近いかもしれません。
          自分の家のなかの何一つ物が減ってません。でも窃盗です。
          相手に与えるのは金銭的な被害だけです。その点、違法なデジタルコピーと一緒です。
          親コメント
        • あー、ごめん、さっきのレスは論点がずれて行ってる気がする。

          私の言いたいのは、手段が問題なのではなく、著作権侵害という犯罪が問題だという事。

          家の鍵と窃盗の例を出したのは、デジタルデータのコピーが窃盗と同等だと言いたかったのではなく、「家の鍵をこじ開ける」行為で「窃盗」を正当化できないという例です。
          「窃盗」とか「著作権侵害」という犯罪が行われている限り、その手段が何であろうと、犯罪は犯罪で変わりは無いという事です。

          あなたの言ってる事は、「オレのものをどう使おうとオレの自由で、その結果他人に被害が出ても責任は無い」という事ですよ。
          前半の「オレのものをどう使おうとオレの自由」は良いでしょう。
          でも、だからといって、その行為の結果生じた事の責任を逃れる事は出来ないのです。

          オレの包丁を振り回したら、人を殺してしまった。包丁振り回すのはオレの自由だから、罪になるのは可笑しいって理論は成り立たない。
          「包丁を振り回す自由」とか「デジタルデータを扱う自由」は、「殺人罪」や「著作権侵害」を犯して良い理由には成らない。

          あなたの言うように、「自分の手元にあるデジタルコピーの扱いは自由で、その行為に伴って起きる現象はすべて正当化される」なんて事になると、大変では無いですか?
          #1343574の「自分の手元にある数値(=デジタルデーダ)は本来自由に複製交換出来るべきと考え、デジタルデータの公衆送信権の存在には異を唱える次第。」なんて事になれば、人権侵害のデータまで、自由に配布出来てしまいます。
          親コメント
          • 言論の自由があっても人権侵害は許されないのと同様に、デジタルデータ複製の自由もそうであるべきだとは思います。デジタルデータ複製の自由にも制限はあるでしょう。
            タイトルの「どんな」という部分は「基本的に」とするほうが適切かもしれません。

            被害といますが、著作権侵害による儲けが出ないという被害は、人権侵害や殺人のような被害と異なり、これまで儲かる仕組みがあったのがなくなってしまうという被害感にすぎません。そんな風に儲ける権利をそもそも無くしてしまえば被害は存在しないことになります。
            デジタルデータの複製が著作権侵害にあたるという認識に対して異を唱えているので、被害ですら無いということです。

            もちろん、現時点では違います。基本的人権や進化論が認められるまでに時間がかかったのと同様に、単なる数値の伝達、デジタルデータ複製の自由が浸透するには時間がかかるでしょう。

            親コメント
            • >被害といますが、著作権侵害による儲けが出ないという被害は、人権侵害や殺人のような被害と異なり、これまで儲かる仕組みがあったのがなくなってしまうという被害感にすぎません。そんな風に儲ける権利をそもそも無くしてしまえば被害は存在しないことになります。

              昔なら、ネットでの被害は、CD等の別媒体の売り上げの減少でしかありませんでした。
              しかし、最近では著作権のネット上での商売が行われていますので、実際に被害として捉える事が可能です。

              >デジタルデータの複製が著作権侵害にあたるという認識に対して異を唱えているので、被害ですら無いということです。

              そうなると、どうしてデジタルデータだけ特別視するのかという疑問が生じます。
              紙に印刷して海賊版を出す事と、勝手にデジタルで配布することは、権利者への損害は同じ物では無いですか?
              親コメント
              • >しかし、最近では著作権のネット上での商売が行われていますので、実際に被害として捉える事が可能です。

                現状は、デジタルデータの複製配布の自由が認められていない時代です。デジタル新時代への過渡期です。なので、デジタル著作物の存在自体の価値が高く維持できるので、商売が成り立っているに過ぎません。
                デジタルデータの複製配布の自由が認められる時代になると、今のような商売はそもそも成り立ちません。現状のような価格で売れません。もともと商売も成り立たちません。つまり被害も発生しません。
                暴力や殺人といった、肉体的精神的な破壊行為という被害とは根本的に違っていて、普遍的な被害では無いと言う事です。物品の窃盗や破壊というような所有状態を失うのとも異なります。産業が消えるだけの事です。

                デジタルデータが特別なのは、それが整数値に過ぎないからです。
                親コメント
              • >現状は、デジタルデータの複製配布の自由が認められていない時代です。デジタル新時代への過渡期です。なので、デジタル著作物の存在自体の価値が高く維持できるので、商売が成り立っているに過ぎません。
                >デジタルデータの複製配布の自由が認められる時代になると、今のような商売はそもそも成り立ちません。現状のような価格で売れません。もともと商売も成り立たちません。つまり被害も発生しません

                「デジタルデータの複製配布の自由が認められる未来」ってのは、ありえない様に思えますが。
                少なくとも、現在の著作権がある限りそのような事にはなりませんよね?
                現状の著作権法の流れ、政府や行政、関連の委員会でも、権利者団体にも、消費者団体にもそんな意見の所はありません。
                というか、「デジタルデータの複製配布が自由になるべき」なんて極論を言ってるのは、kcgさんだけかもしれません。
                ですので、現状の商売も、当面の間、少なくとも数十年は続けられるんじゃないでしょうか?

                それから、kcgさんの、「デジタルデータの複製配布の自由であるべき」という根拠が不透明だと思うのですよ。
                今のところ、著作権を保護するメリットを上回るほどの「自由であるべき理由」が何も無いですよね?
                そうなると、社会的には著作権を保護したほうが良い訳ですから、自由になる可能性は無いです。
                親コメント
              • by Anonymous Coward
                恐らく kcg さんの仰る世界になると、現行の法律はまるで意味を成さなくなるので、
                現在の法律の延長線上で語っても齟齬が発生するだけだと思います。

                思うに、デジタルデータの閲覧権のようなものを購入する時代になり、
                その閲覧権を持たない「人間」はどこでどの端末を使ってもデジタルデータを
                見ることはできなくなる・・・ということですかね。
                (もちろん破られることが絶対にない技術が確立されていることが大前提)
                そういう技術があれば、確かにデジタルデータを持っているだけでは
                目的は実現できないので、「持っていないこと」と同義になるかも?

                となると、著作権のあり方も変わってきそうではあります。
                (まったく想像がつきませんが・・・)
                それはそれで面白い議論ですが、現在では夢物語以外の何物でもないので、
                発想が突飛すぎて周囲から反感を買っているだけのような気がします。
            • by Anonymous Coward
              すべてのデジタルデータ複製の自由が認められた社会について考えてみました。
              • デジタル化に成功したデータは、誰でも自由に入手できる
              • データ入手に関するインフラには価値があるが、データ自体には金銭的価値を認めにくくなる
              • インフラがほぼ完全に整備されると、データは空気のような存在になる
              • ホモ・サピエンスのデジタル化に成功、誰でも気軽に入手できる時代に
              # 価値観が追いつかないと、違和感しか残らない。
              # 誰にも影響を与えないからって、そんなこと知ったら、少なくとも俺は不愉快だ
              • 消さない限り劣化しないデジタルコンテンツは増える一方です。
                複製に制限を主張しないフリーなコンテンツも増え、それは一人の人間が一生をかけても楽しみ切れない量になるのは、容易に想像できます。
                一生かかっても聞ききれない量の良質で感動的なパブリックドメインな音楽
                一生かかっても読みきれない量の良質で感動的なパブリックドメインな漫画
                一生かかっても観きれない量の良質で感動的なパブリックドメインな映画
                そういったものが存在する時代はあっという間に来ます。
                すると、タダで楽しめる物があふれているのに、今のようにお金を払ってまで購入しなくなるわけです。データ自体には金銭的価値がなくなります。
                新作の即時閲覧権など入手に関する価値はのこります。
                個人に対するIDをデータに埋め込み流出させた人を特定する技術などにより、流出させたことによるペナルティーとして即時入手の権利を失わせるなど出来るでしょう。
                見世物小屋から始まった希少価値情報の閲覧制限による商売は、デジタル情報時代には大きくそのありかたが変わってきます。

                個人のDNA情報などは、プライバシー侵害等の禁止など別の保護が必要です。
                脅迫や詐欺などの問題のある情報も複製の自由の例外や制限に該当するでしょう。

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                真っ先にGPLが潰れます。
                それはそれで、幸せな世界かもしれんが。
              • by Anonymous Coward
                > 個人のDNA情報などは、プライバシー侵害等の禁止など別の保護が必要です。
                保護が必要な理由が判りません。

                > 脅迫や詐欺などの問題のある情報も複製の自由の例外や制限に該当するでしょう。
                例外や制限に該当する理由が判りません。

                デジタル情報時代には大きくそのありかたが変わる以上、プライバシーにも価値がなくなり、当然脅迫や詐欺などが成り立つ余地は無くなるはずです。
              • 被害が生じるからです。プライバシー侵害の被害はデジタル新時代になっても消えません。普遍的なものと、技術的な制限によって生じていた権利概念との違いです。
                親コメント
              • by Anonymous Coward
                プライバシーなんて概念があると思ってるから侵害されたと思うのです。
                そんな概念は存在しません、よって被害も生じません。
              • そうですか。
                私の考えは#1343796 [srad.jp]のとおりです。
                親コメント
        • by Anonymous Coward
          > 自分の家のなにひとつ物が減っていない状況を窃盗と例えるのですか?

          なら、不法侵入は罪では無いと言う事ですか?
          • 不正アクセス禁止法の考え方に異論はありません。

            他人の土地に入っては行けませんし、他人の管理サーバーへ不正に進入するのもいけません。

            自分の手元にある数値(=デジタルデーダ)は本来自由に複製交換出来るべきと考え、デジタルデータの公衆送信権の存在には異を唱える次第。
            親コメント
            • by Anonymous Coward
              >他人の土地に入っては行けませんし、他人の管理サーバーへ不正に進入するのもいけません。

              なぜ?
              俺にはどこでも歩く自由があるぜ。
              • 人と人が接近すると争いになり暴力に発展するからです。
                安眠を得るためだったり、性交を最後まで終わらせるためだったり、テリトリーを設けそれを確保することが、群れをなす生物として必要だからです。

                だから、他人のテリトリーへの侵入は許されないという法は正しいと信じます。

                数値に対して製作者であるからといって、他人に手渡ってしまったものを、その人がこちらの知らないところでどう算術処理しようと、また別の人に複製し伝えようと、勝手だと思うのです。
                「そもそも数値の伝達(=複製)や加工処理を誰かが禁じようとするのが間違いとだった」と、いつの日か皆が気づく日がくる事を、ダーウィンの気持ちで見守っている感じでしょうか。
                親コメント
              • by Anonymous Coward
                うーん・・・
                確かにデジタルデータは元を正せば数値には違いありませんが、
                その数値が固まって「ひとつの価値」となっているはずです。
                つまり、デジタルかどうかというのは、価値を実現するための
                実現手段に過ぎません。

                「価値」は、有形無形に関わらず意味のあるものなので、
                その「価値」を無断でコピー・改変・再配布するのはどうかと思います。

                それについて、「見えない」仕組みを作ればいいという意見だと
                思いますが、現在の文明レベルでは完全にガードするのは不可能です。
                できないことを理由にしてもしょうがないので、できるところから
                枠組みを考えるのも「ひとつの方法」だと思います。
          • by Anonymous Coward
            ちなみに不法侵入は「人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船」に侵入することを禁じてるだけだから、無人で鍵がかかっておらず明らかに管理されてない廃墟とかは無断で入っても構わない。長期滞在すると今度は軽犯罪法違反になるので注意。
      • by Anonymous Coward
        現実世界とあまりごっちゃにするのもね。
        現実世界では物理法則という神様の作った法があまりに杜撰で穴だらけなので、社会を成立させるために法律なんぞであちこちパッチをあてなきゃなんないわけだけど、デジタルな世界ではコードの力で世界の法則を自由に曲げられるわけだから、そっちで十分に対策しとけば法律なんて不完全なものの出番はないはずだよ。
        • by Anonymous Coward
          デジタルでのコピーは、十分現実世界での出来事なんだが…
    • by Anonymous Coward
      > すべての数値はすべての人のものだ。

      そうですね。
      では、あなたのクレジットカード番号の公開からどうぞ。
    • by Anonymous Coward

      デジタルデータの内容しだいでコピーや交換が許されたり許されなかったりするという事自体が根本的に間違っている。
      暗号化して視聴制限をしたければすればいい。破られたら破られたほうが悪い。
      デジタルデータで稼ぎたいのであれば、がんばって解読されない仕組みを作ればいい。
      えええと、それでは「DRM万歳!!」って事で宜しいか?

      まあ、それも一つの意見だから聞いては置くし否定はしないけど、それであれば例えば「ケータイから着メロ消えた」なんて苦情も言えないぞ。

      消えたのはデジタルデータで単なる数字、それ自体には価値が無いそうだから。

    • by Anonymous Coward
      末端プログラマとしては、もしそんな権利があったらおまんまの食い上げです(w

      # プログラムも「ただの大きな数値」ですよね?

      あー、でもドングル必須にすればなんとかならんでもないかな。
      PC の USB ポートが全部ドングルに占拠されているのを想像して少し萎え。
      • by Anonymous Coward
        >あー、でもドングル必須にすればなんとかならんでもないかな。
        >PC の USB ポートが全部ドングルに占拠されているのを想像して少し萎え。
        その対応が機器毎に対応するDRMってもんだと思うけど。
        現実的には常時ネットで繋がっているファイル交換厨には大した手間も掛からない筈なんだが、それも嫌うからなヤツ等。
        まあ普通の購入者にもコピー権や配布権もセットで入っていると考えるヤツもいるし。

        それでも開発とかやっていれば、他社製品の「使用権」と「配布権」は別個に扱われているのは解るはず(値段から違って売っているから)なんだが、スラドでもこの体たらくなんだから世間一般ではもうカオスだろ。

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...