パスワードを忘れた? アカウント作成
12640355 story
著作権

「アンネの日記」の無料公開に対しアンネ・フランク財団が法的措置を取ると主張 34

ストーリー by hylom
白黒付けましょう 部門より
insiderman 曰く、

昨年、『今年いっぱいで著作権保護期間が終了する「アンネの日記」で共著者を増やして保護期間を延長する動き』という話があった。アンネの日記の著者であるアンネ・フランクが亡くなってから今年で70年が経過したため、本来であればアンネの日記は著作権フリー、いわゆる「パブリックドメイン」となる。これを受けてフランスの大学講師Olivier Ertzscheid氏フランスの国会議員であるIsabelle Attard氏などがアンネの日記をオンラインで公開したのだが、これに対しアンネの日記の権利を管理しているアンネフランク財団が法的措置を取ると警告しているという(GuardianGIGAZINE)。

背景については以前の記事で書いたとおりだが、財団側はアンネ・フランクの父であるオットー・フランク(没年1980年)はアンネの日記の共著者であり、著作権保護期間は2050年までだと主張している。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2016年01月05日 11時44分 (#2944289)

    他人の著作物にぶら下がって金を吸っているヒルみたいなやつらとしか思えないが、何かすばらしいことでもしているのだろうか?

    • by Anonymous Coward

      70年以上たっている著作物に、著作人格権ではなく著作権を主張するところは金の亡者としか言いようがない。

  • ベルヌ条約で著作権は製作時点で自然発生するものとされたわけですが、権利者そっちのけで今ごろ言い出すというのはどう考えてもおかしい。
    もし過去の情報が間違っていて、それを今から訂正したいなら、過去に発売されたすべての書籍をリコールかけて回収し、共著者をクレジットした新しい本を配るべき。勿論、費用は財団持ちで。

    • by Anonymous Coward on 2016年01月05日 12時47分 (#2944320)
      ベルヌ条約7条(3)で「無名又は変名の著作物の著作者が第一文の期間内にその著作物の著作者であることを明らかにする場合」とあるんで、親父本人じゃない財団が今さら親父が共著者だと言っても手遅れなわけですが
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        一部だけを抜き出さない。同条同項に「ただし、著作者の用いた変名がその著作者を示すことについて疑いがない場合には、保護期間は、(1)に定める保護期間とする。」って規程だってあるんだから、素人が勘違いするだろ。

        無名又は変名の著作物については、この条約によつて許与される保護期間は、著作物が適法に公衆に提供された時から五十年で満了する。ただし、著作者の用いた変名がその著作者を示すことについて疑いがない場合には、保護期間は、(1)に定める保護期間とする。無名又は変名の著作物の著作者が第一文の期間内にその著作物の著作者であることを明らかにする場合には、適用される保護期間は、(1)に定める保護期間とする。同盟国は、著作者が五十年前に死亡していると推定する十分な理由のある無名又は変名の著作物を保護することを要しない。

        • by Anonymous Coward
          疑いがなかったらこんなにモメねーよ
  • by Anonymous Coward on 2016年01月05日 13時56分 (#2944377)

    財団の主張でもオリジナル作品の著作権は切れていると言う事が確定の模様。
    だったら

    ・オリジナル版を財団としてパブリックドメインとして公開する(以下のバージョンの広告付)
    ・さらに時代背景や当時の考え方、現在の考え方、識者などによる解説などを大幅に加えた増補版(こっちは当然著作権が発生する)や、財団の活動に賛同してくれる人は寄付のつもりで買ってくれと宣伝
    ・各国語翻訳版は当然翻訳者の著作権が残るんでこれを財団主導で行う
    ・パブリックドメイン版を使って競合する商売をしようとするところには公開の場で寄付を要求

    ってやる方が儲かるんじゃないの。
    増補版の方は「パブリックドメインで公開するんでその分財団の運営資金がなくなっちゃう。ボランティアでやってくれる人募集!」すれば安くいけるような。

    • by Anonymous Coward

      たぶん世界各国の教科書に採用されたりで、うはうはなんだと思う。

      今回の無料で公開されるのを認めちゃうと、他のところも使用料払う必要ないってなって収入が激減するのが怖いんでしょ。

  • by Anonymous Coward on 2016年01月05日 12時03分 (#2944298)

    共著者がいるなら日記とは呼べないよ…
    で具体的にお父さんはどの部分を書いてるの?

    • by Artane. (1042) on 2016年01月05日 12時56分 (#2944325) ホームページ 日記

      アンネの日記については、元々でっち上げだという説は昔からあって [marino.ne.jp]、一応「論破」されたとは言われてるけど、
      アンネの日記が後押しした部分が小さくない、イスラエルという国家が「ユダヤ人の被害者性」を盾にしてパレスチナを侵略してパレスチナ人の殺戮を繰り返すのを正当化してるというのと、この動きとはなんか交差してるような感じがしてるんですよね。

      特にイスラム圏からの批判的検証を怖れていると言うか…今や、ユダヤ人は虐殺や民族浄化の被害者ではなく加害者と成り果ててる。と言う批判と、この手の偽書説がリンクし続けてるのが、検証によってより拡大するのを怖れてるようにすら、見える。

      --
      --暮らしの中に修行あり。
      blogはじめました。 [hatena.ne.jp]
      親コメント
      • Re:日記なのに (スコア:3, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2016年01月05日 15時46分 (#2944466)

        偽物説と後半は理論的に何の関連性もないのに
        何故そう思ったんですか?

        あいつは犯罪者だから在日韓国人に違いない、と言うような理屈ですよそれ

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ワーグナーがナチスのBGMだったからタブー視するとか、戦前戦中の軍事プロパガンダ芸術を禁忌するとか、ハーケンクロイツが憎けりゃ仏教卍も憎いとか、普通に世間で容認されているだろ。
          だから、イスラエルが悪けりゃアンネの日記も屑も、OKなんだよ。
          文句があるなら全欧の、右万字タブー・禁忌・禁止・弾圧を全て抹消し、その被害(特に仏教関係者に対する)を補償しろ。

          # ナチス相手なら、誘拐も合法、法の遡及も合憲だよ、イスラエルでは。

    • by Anonymous Coward
      交換日記なら共著者はいる。
      • by Anonymous Coward

        それならタイトルは「アンネとパパの日記」じゃないか

        • by Anonymous Coward on 2016年01月05日 12時39分 (#2944316)

          >>「アンネとパパの日記」
          なんだかイケナイ日記に思えてしまうのは私の心が汚れているせいでしょう

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            「アンナの日記」で画像検索するとイケナイ日記が見つかることでしょう

          • by Anonymous Coward

            女性の生理のことをアンネっていってた時代があったなぁ・・

    • by Anonymous Coward

      複数人で著述したなら、オリジナルの日記を元にした二次創作ですよね。

      • by Anonymous Coward

        「パパの好きなアンネがこんな日記を書くわけがないっ」

         というラノベ。

    • by Anonymous Coward

      共著者がいるなら日記とは呼べないよ…
      で具体的にお父さんはどの部分を書いてるの?

      思春期特有の性に対するドリームとか母親がキライだとかそういう赤裸々過ぎる部分をカットしました

  • by Anonymous Coward on 2016年01月05日 12時13分 (#2944304)

    KAD○KAWAの小説無断編集した編集者は小説の共著者ですね

    #どちらも編集の事実を知らない点で共通

  • by Anonymous Coward on 2016年01月05日 18時24分 (#2944547)

    アンネナプキンはアンネの日記で生理を肯定的に捉えているのに感銘を受けてつけられたんですよね
    色んな意味で世界に大きな影響を与えた著作であることは間違いない
    それを特定の財団、それもあまり中立とは思えないところがコントロールすることはあまり良いこととは思えないな
    それに公開した人は人権問題として歴史資料として扱ってる人だろ?
    変な方にコントロールしようとするのは歴史改ざん主義者の同類じゃないかと思うんだけど

  • by Anonymous Coward on 2016年01月06日 11時49分 (#2944848)

    主張が本当だとすると、オットー・フランク財団にしないのはなぜ?w

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...